(左から)藤森慎吾、野村萬斎、及川光博

 映画『七つの会議』の大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、及川光博、藤森慎吾、朝倉あきと福澤克雄監督が登場した。

 “パワハラ”や“過酷なノルマ”など社会人の悩みが満載の本作にちなみ、登壇者がサラリーマンの悩みに答えるコーナーを実施。

 20代男性から、先輩や上司とうまく接するコツを聞かれた野村は、「僕の本業(狂言師)も大先輩がたくさんいる業界。自信のあるところや長所はどんどん出していって、自分がどういう人間かを知ってもらうこと。コミュニケーションを取ることが大事」とアドバイスを送った。

 藤森も「芸人の世界も厳しいですよ。縦社会なので」と野村に同調。「僕の場合は『この人は僕のこと良く思ってないな』とか、逆に『この人には気に入られたいな』と思う標的がいたら、徹底的にその人のことを調べる。何が好きなのか、何の作品に出たのかを調べて、会った時にその話をする。それでもなびかない時は千疋屋(の果物)を持っていく。だいたいこれでイチコロです」と必殺技を明かし、笑わせた。

 また「会社の先輩が気になるけど、なかなかアプローチができません」という女性社員の悩みには、及川が「これは書類バサバサ作戦じゃないかな? 持っていた書類を落として、先輩が『大丈夫?』と拾うのを手伝ってくれたところで、『あっ』となる。憧れますね」などと、ドラマなどで見掛ける定番のシーンを挙げて、ニヤリ。

 藤森も「お茶をわざとぶっかけて『これで拭いてください!』とか。スキンシップが大事。意識していなかった子でも、これならドキッとしちゃう」と、さらにベタな恋愛指南をして、笑わせた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます