舞台『ダンガンロンパ』、横浜流星らが意気込み

2015.7.30 18:10配信
製作発表の模様(左から、川島邦裕、いしだ壱成、山田菜々、横浜流星、鈴木拡樹、神田沙也加) 製作発表の模様(左から、川島邦裕、いしだ壱成、山田菜々、横浜流星、鈴木拡樹、神田沙也加)

12月3日(木)より東京・ZEPPブルーシアター六本木で上演される舞台『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』。同作の製作発表が7月29日に都内で行われ、出演する横浜流星、山田菜々、神田沙也加などが出席した。

【チケット情報はこちら】

同作は、人気テレビゲームシリーズ『ダンガンロンパ』の舞台化。昨年上演され、追加公演も含めソールドアウトした舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~』の続編。修学旅行で訪れた南の島に閉じ込められた「私立希望ヶ峰学園」16名の生徒たちが、次々に起こる殺人事件を“学級裁判”で解決していく。

主役の日向創を演じる横浜流星は「原作ファンのかたの期待を裏切らないことももちろん、原作を知らないかたにも楽しんでいただけるように、前作とはまた違った、新しい素敵な作品を作りあげられたらと思っています」と語った。

同作が舞台初出演となる元NMB48の山田菜々は、超高校級のゲーマー七海千秋役を務める。山田は「本格的に演技をさせていただくのは初めてなので、すごく緊張しているんですが、お芝居を観ることがすごく好きで、お芝居を観た後の楽しさや感動を、多くのみなさんにお伝えできる舞台にしたいなと思います」と意気込んだ。

前作では出演のほか、TRUSTRICK名義で楽曲を提供。今作でもテーマソングを担当し、映像で出演する神田沙也加は「今回は舞台が南の島に変わりますから、スケールをより大きくして、かつ『ダンガンロンパ』ファンの方が好きな世界を死守しながら楽曲を作っていきます。出演に関してはまだ情報が少ないのですが、映像でこの舞台を盛り上げていければと思っています」と話した。

また、大山のぶ代が、同作における声の出演で1年ぶりに仕事復帰。希望ヶ峰学園の学園長・モノクマの声を同作のために録りおろした。製作発表へはメッセージを寄せ「モノクマ役を務めさせていただきます、大山のぶ代です。このたびは『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE』の公演決定、誠におめでとうございます。先日、この舞台のためだけに新たなセリフを収録させていただきました。私はモノクマがだーい好きなの! 久しぶりにまたモノクマを演じることができて本当に幸せです。うぷぷぷぷ。ワクワクのドキドキのステージの始まり始まりー。オマエラ、ギロッポンで待ってるぞ!」と元気な様子を見せた。映像を見た神田沙也加は「(大山のぶ代が演じるモノクマの声は)私みたいな『ダンガンロンパ』ファンとしては非常にテンションがあがりますね」と喜びの声をあげた。

『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』は12月3日(木)から13日(日)まで、東京・ZEPPブルーシアター六本木で上演。チケットは9月5日(土) 午前10時より一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング