有村架純「不安よりもうれしさが大きかった」 潜水調査船のパイロット役で連ドラ初主演

2015.7.31 15:39配信
 パイロット姿を披露した有村架純

 土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 海に降る」のクランクアップ報告会見が31日、神奈川県横須賀市で行われ、主演の有村架純、山本剛義監督ほかが登壇した。

 朱野帰子氏の同名小説を原作とした本作は、海洋科学に関する研究機関JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にしたヒューマンドラマ。

 深海の謎に命を懸けて挑む潜水調査船のパイロット役で、連続ドラマ初主演を果たした有村は「すごく不安もあったけど、とてもすてきな作品に出会えたといううれしさの方が大きかったです」と振り返った。

 また「好きな映画が『アルマゲドン』なんですが…」と明かした有村は「世界の未来をも担っている機関という点で、少しリンクする部分があるような気がして、自分の中で燃えるような気持ちが湧き上がってきました」と語った。

 JAMSTECの全面協力で敢行された今回の撮影に当たって、施設を見学し、有人潜水調査船「しんかい6500」の船内にも入った有村は「自分自身の視野が広がったし、本当に知らないことってまだまだたくさんあったんだなと日々勉強させてもらった。誇りを持って細かい作業をされている研究者や技術者の方の思いを伝えたいと思った」と話した。

 また日本人初の女性パイロット役とあって「(彼女は)男社会の中に立つ女性。『女だから』と言われるのが嫌な、負けず嫌いで勝ち気な女の子。なので自分が女であることは意識しないようにしました。メークも全然せずに、髪も整えることなくボサボサのまま、外見もあまり気にせずに作っていきました」と役作りについて語った。

 ドラマはWOWOWで10月10日午後10時から毎週土曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング