井上真央、鈴木亮平が、新作アニメで“ノラ猫”役に

2015.7.31 15:27配信
『ルドルフとイッパイアッテナ』の声を演じる井上真央、鈴木亮平

児童文学『ルドルフとイッパイアッテナ』が3DCGでアニメーション映画化され、2016年夏に公開されることが決定した。飼い主のもとを離れて東京に来た黒猫ルドルフと、街を牛耳るボス猫のイッパイアッテナの友情を描いた作品で、井上真央がルドルフの、鈴木亮平がイッパイアッテナの声を演じる。

本作の原作は、1987年の刊行以来、ロングセラーとして人気を博してきた“日本一有名なノラ猫”シリーズで、シリーズの累計発行部数は90万部を突破している。ひょんなことから東京にやってきた黒猫ルドルフの声を演じる井上は「ルドルフと同じように、私も新たな世界を冒険してみようと思います。猫の視点から描かれる友情はとても可愛いらしく、また一歩、踏み出す勇気をもらえそうです。子供たちはもちろん、大人も楽しめる作品なので、私も精一杯頑張ります」、イッパイアッテナの声を演じる鈴木は「声優は初めての挑戦になりますが、原作のイメージを大切にしつつ、イッパイアッテナが鈴木亮平で良かったと言っていただけるよう体当たりで挑みたいと思います」とコメントしている。

映画『ポケットモンスター』シリーズを手がけてきた湯山邦彦と、3DCGアニメ『PAC-MAN and the Ghostly Adventures』の榊原幹典が監督を務め、OLM 、OLM Digital、Sprite Animation Studiosがアニメーション制作を行う。

『ルドルフとイッパイアッテナ』
2016年夏公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング