【トーマスSL】子連れで一度は泊まりたい! 大井川流域“最高の自然を満喫”する厳選宿3つ

大井川に子どもと年間20日以上遊びに行くライターが、実際に宿泊して素晴らしかった“子連れで一生に一度は泊まりたい” 宿3つを厳選紹介。南アルプスユネスコエパークならではの自然と触れあえたり、魅力的な人と繋がりができたりする、とっておきの宿ばかりです。

サワガニ獲り!

大井川に子どもたちと年間20日以上遊びに行くライターが、実際に宿泊して素晴らしかった、“子連れで一生に一度は泊まりたい” 宿3つを厳選紹介。

南アルプスユネスコエコパークならではの自然と触れあえたり、魅力的な人と繋がりができたり、「また来たい」「来て良かった」と心から思える、とっておきの民宿・ペンションばかりです。

1. 農家民宿&喫茶「サンゴーカントリー ともしび」

農業体験や川遊びで子どもたちの世界が広がる

すぐ目の前に大井川。最高のロケーション

私たち親の多くは「我が子を自然の中に連れ出して、いろいろな体験をさせてあげたい」と考えます。

でも現実には、親自身の引き出し以上には、なかなか行動範囲を広げられないんですよね。

最初に紹介する農家民宿「サンゴーカントリー ともしび」は、オーナーの栗原夫妻が、子どもたちの世界をグッと広げてくれます。

農業体験&ワークショップ

川根の特産品はお茶! 茶摘み体験

田植え、稲刈り、麦ふみ、茶摘み、花摘み、野菜収穫などの農業体験ができます。

取材を兼ねて遊びに行った初夏は、ちょうどお茶の最盛期。大井川流域の特産品は「茶」です。

何度も大井川に通っているうちの子どもたちは、「茶」が大好きということで、茶摘み体験をさせてもらいました。

柔らかくて、目にも鮮やかな、新緑の茶葉!

料理上手な栗原春子さんが、茶葉の天ぷらを作ってくれました。

6歳の娘はすごく気に入り、帰宅してからも「またお茶の天ぷらが食べたい!」としばしば口にするほど。

未就学児が、茶葉の天ぷらに舌鼓を打つなんて、特別な体験ができたからこそ。自分で摘んだお茶だからでしょうね。

その他、ドライフラワーアレンジや、ケーキ作りなどのワークショップも、希望に応じてできます。

大井川ならではのアクティビティ

サワガニのとり方を教えてくれる、栗原秀春さん。子どもたちは、おっかなびっくり、でも興味津々!!

すぐ目の前の大井川で、川遊びはもちろんのこと、カヤック体験や、サワガニ獲りもさせてもらえます。

サワガニ獲りなんて、田舎で育った人にとっては、当たり前の遊びの一つです。

でも、都市部で暮らす子どもにとっては、素手でカニを捕まえるなんて、大冒険以外の何物でもありません。

ちょこっと指を挟まれて半べそをかき、それでも何度もチャレンジして、初めての一匹を捕まえると、満面の笑顔!

※農業体験、ワークショップ、アクティビティとも、農繁期には対応できないものもあるそうです。詳細は「ともしび」栗原夫妻にお問い合わせください

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント