オンキヨー、ハイレゾ対応のWi-Fi&Bluetooth搭載ネットワークステレオレシーバー

2015.7.31 17:48配信
ネットワークステレオレシーバー「TX-8150(S)」。ワイヤレス再生を活用し、多彩な音楽ファイルを高品位なサウンドで楽しめる

オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパンは、Wi-FiとBluetoothを搭載し、ハイレゾ・DSD5.6MHzのネイティブ再生にも対応するネットワークステレオレシーバー「TX-8150(S)」を8月下旬に発売する。税別価格は6万4800円。

手持ちの無線ルーターを経由して家庭内ネットワークと繋がるWi-Fi機能や、スマートフォン内の音楽をワイヤレスで楽しめるBluetooth機能を装備。簡単な設定でワイヤレス再生を活用し、多彩な音楽ファイルを高品位なサウンドで楽しめる。

ネットワーク上のNASやUSBメモリを介してさまざまな音源を再生することが可能。MP3、WMA、WMA Losslessをはじめ、FLAC、WAVの192kHz/24bitやDSDの2.8/5.6MHzネイティブ再生に対応する。ハイレゾ信号を高品位に処理するため、旭化成エレクトロニクス製384kHz/32bitプレミアムDACを採用するなど、スタジオマスタークオリティのハイレゾ音源も高品位に楽しむことができる。

FM/AMに加えてインターネットラジオを搭載し、radiko.jpや、世界中のインターネットラジオが聴けるTuneInにも対応。PHONOイコライザーを装備し、レコードプレーヤー(MM型カートリッジ)を繋いでアナログレコードも楽しめる。音楽コンテンツを高品位に再生するため、フルサイズオーディオならではのサウンドチューニングを施したほか、リーケージ・フラックスを低減した高出力EIトランスや電源を強化し位相ズレを抑制することでL/Rchの焦点が定まり音像をくっきりと描き出す。

定格出力は、100W+100W、実用最大出力は140W+140W。サイズは、幅435×高さ149×奥行き328mmで、重さは8.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング