数多くの副菜のなかでもひときわ目立つのがケランチム(韓国式茶碗蒸し)。これがつきだしとは驚き! スプーンを刺すと湯気が噴き出す

1月28日掲載のうまいめし記事(『孤独のグルメ』で注目度UP!初めて行くなら押さえたい全州話題スポット3選【韓国】)に続く、韓国の南西部にある全羅北道(チョルラプッド)旅行入門第2回目。

今回は全羅北道観光の拠点である全州韓屋マウルにある歴史スポットと、全州に来たら朝昼晩にかならず食べたいご当地グルメを紹介しよう。

朝鮮王朝を開いた李成桂ゆかりの慶基殿

多くのドラマ撮影に使われた慶基殿の竹林

1410年に創建された慶基殿(キョンギジョン)は、朝鮮王朝の始祖であり、初代国王である李成桂(イ・ソンゲ)を祀っている場所。

李成桂の肖像画・太祖御真が奉られた由緒ある宮殿で、敷地内には正殿のほかに廟や碑、李成桂の魂が宿って龍のように躍動する梅の神木など、貴重な史跡がある。

ドラマ『雲が描いた月明り』『宮 -Love in Palace』『明成皇后』『風の絵師』、映画『王になった男』などのロケ地としても有名で、韓流歴史ドラマファンなら興奮することまちがいなしだ。

慶基殿の敷地内には貴重な書物が保管されていた『全州史庫』があり、中には昔の韓紙や本づくりに関する展示がある

全羅北道全州市完山区太祖路44
3~10月 9:00~19:00、11~2月 9:00~18:00 無休(李成桂の御真博物館は月曜休館)

全州の朝ごはん

『全州ウェンイ・コンナムルクッパ』のコンナムルクッパ6000ウォン。豆モヤシはスープとは別に調理されるので、シャキシャキ感が残っている

韓国の食都といわれる全州のおすすめ朝ごはんといえば、コンナムルクッパ(豆モヤシの汁かけメシ)だ。

えっ! 豆モヤシ? 地味じゃない?

そう思うのも無理はない。日本では主役を張ることはまずない食材だ。

しかし、豆モヤシの名産地である全羅北道には、クッパだけでなく、キムチやチャプチェ(ハクサイや春雨の代わりに豆モヤシを使う)、ビビンパ(豆モヤシの混ぜごはん)、ムルカルビ(コチュジャン系のスープで豆モヤシと豚肉を煮る、すき焼き風鍋)、トルソッパ(豆モヤシと牛肉の炊き込みご飯)などがあり、主役級の食材であることがよくわかる。

それもそのはず、豆モヤシはきわめて栄養価が高い。ビタミンCやAを多く含み、繊維質やアミノ酸も豊かなので、腸をきれいにし、美肌効果もある。

冬場はビタミンCが不足しがちなので風邪予防にもなるという。

アルコールを分解するアミノ酸の一種であるアスパラギン酸を多く含むため、二日酔いや疲労回復に効果的だ。

アスパラギン酸が栄養ドリンクによく用いられていることからも、優れた食材であることがわかるだろう。

全州には、朝から行列ができるコンナムルクッパの専門店がいくつもある。

韓屋マウルから近い『全州ウェンイ・コンナムルクッパ』もそのひとつ。

イリコや牛肉でダシをとった上品な旨味のあるスープにシャキシャキの豆モヤシがたっぷり入っている。少し固めに炊かれたご飯とは相性抜群だ。

『全州ウェンイ・コンナムルクッパ』は、一見大きな店には見えないが、フロアに奥行きがあるので、それほど待たされない

全羅北道全州市山区慶園洞2街12-1
24時間営業 無休 TEL: 063-287-6980