陰暦2月4日から中国の伝統的な新年が始まります。今回の新年に際して、中華春節燈籠祭・東京燈会実行委員会が主催として、または中華人民共和国駐日本国大使館、中国駐東京観光代表処および東京華僑華人団体、日本の友好団体などが共同で企画した、初回の“四海同春・春節を祝う中華春節燈籠祭・東京燈会2019”イベントが東京駒沢オリンピック公園中央広場で開催されました。二日間開催されたこのイベントは多くの華人や華僑を引きつけ、留学生や地元の人々も参加し、新年の雰囲気が大いに盛り上がりました。


陰暦2月4日から中国の伝統的な新年が始まります。今回の新年に際して、中華春節燈籠祭・東京燈会実行委員会が主催として、または中華人民共和国駐日本国大使館、中国駐東京観光代表処および東京華僑華人団体、日本の友好団体などが共同で企画した、初回の“四海同春・春節を祝う中華春節燈籠祭・東京燈会2019”イベントが東京駒沢オリンピック公園中央広場で開催されました。二日間開催されたこのイベントは多くの華人や華僑を引きつけ、留学生や地元の人々も参加し、新年の雰囲気が大いに盛り上がりました。

今回の中華春節燈籠祭・東京燈会2019は中華民族の伝統的な祝祭である春節を祝う大規模な文化イベントで、文化公演、中国の美食、中国の物産や観光振興などの素晴らしい内容が紹介されました。蘇州市文化広電観光局が蘇州のチャイナドレスと蘇州昆山地方の歌劇である崑曲のショーを通して蘇州の観光資源と文化的特色を紹介し、観光客は蘇州の人々と文化の風情を感じていました。
蘇州のブースに来る観光客

“水辺の芸術の街”蘇州は、穏やかで秀麗、清々しい雰囲気で多くの女性の人気を集めています。当日は柔らかいピンク色をモチーフに、日本の人間国宝である歌舞伎役者の坂東玉三郎と崑曲の起源を紹介し、来場した観客は崑曲に親近感を感じていました。さらに蘇州の崑曲が上演され、優美な崑曲を体験しました。言語が異なるので意味は理解できなかったかもしれませんが、優美な曲調は観客に感銘を与えました。耳で聴く以外にも、展示される蘇州のチャイナドレスに手で触れて感じることができ、蘇州のブースは大人気を博しました。
蘇州ブースのレイアウト、チャイナドレスの展示

日本語の蘇州広報資料では蘇州の観光資源や人や文化の風情を紹介しており、蘇州に興味を持ち蘇州を訪れる観光客の助けになる公式ガイドを提供しました。
美しい観光広報資料

新年の一番の願いは、来る年が順風満帆であることと、家族が健康であることです。スタッフは観光客が新年の願い事を書くための願いの壁を設置しました。書きこんだ参加者にはくじ引きをする権利が与えられます。蘇州の特徴的な団扇や刺繍の入った小銭入れなどの土産物が観光客に好評でした。
新年を祝って願い事を書き込む観光客

中国では、新年を過ごす際に各世帯のドアに福の字を貼り、福が門から入ってくるよう願います。イベントでは在日華人の書家を招いてその場で観光客に福の字を書いて渡し、在日華人や華僑、日本の人々に中国伝統の春節の祝いを肌で感じてもらうことができました。
福の字を書き、幸運を願う
福の字を書き、幸運を願う

蘇州の豊富な観光資源、特徴的で洗練されたお土産、生き生きとした体験など、日本市場における蘇州旅行の知名度を高め、訪問客に蘇州旅行についての知見を深めてもらうことができました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます