その食洗機、本当に「時短」できてる? 洗い物効率アップの見直すべきポイント

効率的にこなす必要がある毎日の家事。たとえば「食洗機」は時短家電の代表です。でも、食洗機で本当に時短になっていますか? 今回は食洗機の効果を高めるために見直すべきポイントをご紹介します。

ママの日々は時間との勝負!

ただでさえ少ない時間を上手に使うには、そして自分の時間を増やすには、効率的に家事をこなす必要があります。

でも、最近はそんなママの負担を助けてくれるアイテムが増えてきました。たとえば、「食洗機」。時間がかかって、手も荒れる。そんな洗い物を引き受けてくれる食洗機は本当に助かりますよね。

……でも、ちょっとまって! もう一度、利用シーンをよく考えてみてください。食洗機で本当に時短になっていますか?

せっかく食洗機を使っても、洗浄力がなくては…

食洗機があっても、予洗いしてから入れる。そんな「仕上げ食洗」になっている人が多いのではないでしょうか? そう、せっかく便利な食洗機の恩恵を十二分に受けられていないんです。理想は、食器をセットして、洗剤を入れて、ボタンをピッ。これだけで終わらせられるのがベストですよね。 でも、なぜ多くの人が予洗いを? それはやはり洗浄力への不安があるようです。

調査によると実に76%の主婦が食洗機で洗ってもキレイに落ちない…。と悩んでいるんですって。つまり食洗機による時短を実現するために見直すべきは「洗浄力」なんです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント