阿部サダヲ、瀧本美織の演技が「すごかった」 「バンドの話で息抜き」

2015.8.3 15:11配信
 記者会見に登場した阿部サダヲ

 放送90年ドラマ 経世済民の男「小林一三」前編試写会&記者会見が3日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲほかが登場した。

 本作は、阪急電鉄や阪急百貨店、宝塚歌劇団をユニークな手法で創設し、現在にも通じるビジネスモデルを作り上げた小林一三の波瀾(はらん)万丈の生涯を描く。

 一三役の阿部は「小林一三という方はすごい方だという偉人のような感じで皆さん思っていらっしゃるかもしれないですけど、実はこういうところもあったという駄目なところも結構出ていて。女の人にだらしないところとか、全く仕事にやる気がないところが思いっきり出せたので、良かったなと思います」と演じた感想を語った。

 妻のコウを演じた瀧本美織にについては「僕はバンド活動をしていて、瀧本さんもしていたのでバンドの話をしました。大正とか明治の話のドラマなのに、(瀧本が)芸者さんの役をやりながらなぜかバンドの話をして。それが息抜きになって良かったです」と明かして、会場の笑いを誘った。

 また、コウを裏切ったシーンを演じた感想については「本番になって瀧本さんの目からバーッと涙が出てきたんですよ。(瀧本の演技が)すごかったですね。悪いことはしちゃいけないなって思いました」とエピソードを披露した。

 ドラマの前編は9月5日午後9時から、後編は12日午後9時から放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング