数秒動画をシェアできるアプリ「babygoat」、閲覧人数を1~100人の間で設定して投稿

2015.8.3 16:22配信
投稿した動画は、あらかじめ設定した人数しか見ることができない

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、スマートフォンで撮影した数秒動画を、あらかじめ設定した人数限定でシェアできる新アプリ「babygoat (ベイビーゴート)」をiPhone/iPad向けに配信を開始した。

スマートフォンで撮影した最大10秒の動画をフォロワーにシェアすることができるサービス。例えば、散歩中に出会った景色やカフェでのひと時など「誰かに見せたいな」と感じたものを撮影して、内容やその時の気分に合わせて閲覧人数を1人から100人の間で設定して投稿できる。アプリを起動すると、すぐに撮影画面を表示するので、撮りたい時に手軽に動画を撮影し、投稿できる。

投稿した動画は、1人(1アカウント)につき1度しか閲覧することができない。投稿主があらかじめ設定した閲覧人数に達すると、自動的に見ることができなくなる。動画が再生されると誰が見たのか通知が届くので、投稿主は自分の投稿が誰に閲覧されたのかを把握することができる。

アカウントはユーザの任意で公開、非公開の設定が可能。公開しているアカウントは、他のユーザーが自由にフォローすることができるが、非公開に設定しているアカウントをフォローするためにはリクエストの承認が必要な仕組みになっている。色々な人と動画をシェアしたいという人はもちろん、特定の友人にだけ動画をシェアしたいという人も動画を通じたコミュニケーションを楽しむことができる。

対応OSはiOS 8.0以上。料金は無料で、サービスの利用にはTwitterのアカウントが必要。

・「babygoat」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング