トム、海外スター初の歌舞伎町レッドカーペット!

2015.8.3 20:38配信
トム・クルーズ

早くも世界各国で好スタートを切った人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のジャパンプレミアが8月3日に、東京・歌舞伎町セントラルロードで行われ、来日中のトム・クルーズと、メガホンをとったクリストファー・マッカリー監督が出席した。

その他の写真

無国籍スパイ組織シンジケートの暗躍により、解体のピンチに立たされたIMFを率いる凄腕スパイのイーサン・ハントが、ならず者集団(=ローグ・ネイション)を相手に極限のミッションに挑む。すでに公開された20カ国以上で、シリーズ史上最高、さらにクルーズ主演作としても最大のオープニング記録を樹立している。

会場となった歌舞伎町セントラルロードに敷かれた60メートルのレッドカーペットに登場したクルーズは、約120分をかけて、サインや写真撮影といったファンサービスに加えて、全国各地から駆けつけた報道陣にも対応し、相変わらずの親日家ぶりを発揮。抽選で選ばれた幸運なファン500人を喜ばせていた。ちなみに、海外スターが歌舞伎町でのレッドカーペットを歩くのは今回が初めてとなる。

今回で21度目の来日を果たしたクルーズは「日本に来られるのは、本当に名誉なこと」と日本への敬意を表し、「この作品も、皆さんのために作ったんだ。暑い日が続いているけど、ぜひ映画館でクールなアクションを楽しんで。もちろん、ドラマ性や個性豊かなキャラクターも見どころになっているよ」とアピールした。

ジャパンプレミアには、ワールドツアーも成功させる日本人ギタリストのMIYAVIが駆けつけ、自身がアレンジした映画のテーマ曲『Mission: Impossible Theme』を生披露。演奏に合わせて、新宿東宝ビルの壁面、高さ約40メートルを使ったアクロバティックな空中スタントショーが行われた。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング