二宮和也、新春ドラマで“坊っちゃん”を演じる 夏目漱石の作品初挑戦に「楽しみです」

2015.8.4 13:56配信
原作者の夏目漱石

 夏目漱石没後100周年に当たる2016年新春に、名作『坊っちゃん』が嵐の二宮和也主演で、全国フジテレビ系スペシャルドラマとして放送されることが決定した。これは21世紀初めての漱石作品のテレビドラマ化となる。

 『坊っちゃん』は、漱石の教師時代の実体験をベースに書かれた小説で、時は明治、住み込みのお手伝いさん・清(きよ)から「坊っちゃん」と呼ばれている青年が主人公。

 短気で暴れん坊だが、うそが大嫌い。直情型で正義感を持つ型破りな江戸っ子の坊っちゃんが、四国、松山の旧制中学校に数学教師として赴任したことから、笑いあり涙ありの痛快なストーリーが展開する。

 主人公の“坊っちゃん”を演じることが決定した二宮は「楽しみです。なんでしょう? 楽しみなんです。ド派手なエンターテインメント作品ではないかもしれませんが、小説(を読む)みたいにページをめくる音が聞こえるようなドラマになれば…頑張ります」とコメントを寄せた。

 漱石の『坊っちゃん』発表後110年の間には、宍戸錠、坂本九、松本幸四郎、津川雅彦など、数々の名優が坊っちゃんを演じてきた。本作で漱石作品初挑戦となる二宮に関して、プロデューサーを務めるフジテレビドラマ制作センターの長部聡介氏は「今、坊っちゃんが持つやんちゃで自由で破天荒だけれど憎めないというキャラクターを演じられるのは“永遠の少年”二宮さん以外にはあり得ません」と大きな期待を寄せいている。

 クランクインは10月を予定。小説の舞台となった愛媛県松山市でのロケも予定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング