夏の思い出の1頁を飾る

夏の風物詩と言えば花火ですね。各地でいろいろな花火大会を楽しめます。日本に留まらず、アメリカ独立記念日の花火大会など海外含めて楽しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。

夏の思い出の1頁を大きく飾るのが花火大会デートです。
音、映像、雰囲気などいろいろな趣向をこらしている花火大会が多いので、大好きな彼との大切な思い出として長く心に残っている、そんな恋人、ご夫婦の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

いつもと違ったお洒落と掛け声

花火大会デートには強い味方がいます。浴衣と掛け声です。
できれば彼とお揃いの浴衣を来て行きたいところですね。特別な空間・時間を花火大会主催者側も演じようといろいろ工夫をしていますから、それにあなたも乗っかりましょう。
「た~まや~、か~ぎや~」という江戸時代からの掛け声も「同じことを一緒にする」というシンクロ効果があなたと彼との恋を加速してくれるでしょう。

いつもと違ったお洒落と掛け声、この2つのスパイスをしっかり取り入れてみましょう。

運命の彼がどんどん離れてしまう・・・花火に潜む3つの罠

花火大会、このように最高のデートスポットになり得ます。
反面、実は結構罠があります。。。

この罠に気づかないと運命の彼がどんどん離れていってしまう、、、そんな悲劇が・・・起こらないように3つヒントをお伝えします。

1.花火バテ

⇒夏バテならぬ花火バテに注意しましょう。花火大会には本当にかなり多くの人が訪れます。たとえ席を予約していったとしても、最寄駅から会場まで長蛇の列、帰り道もかなりの人ごみになることがほとんどです。せっかくの大切な彼とのデート、実はこの行き帰りで疲れきってしまい、悪い思い出に変わってしまうケースが結構あります。

人ごみが嫌いな人はクルーズや眺めの良いレストランなど花火は花火会場だけで観る以外にも楽しむ方法はありますので、事前に計画しましょう。