【海鮮丼】地元民オススメ! “伊勢”に行ったら絶対食べたい絶品「海鮮丼」3選

2015.8.6 16:00

伊勢志摩といえば何といっても海の幸。今回は、三重県伊勢市に行ったら必ず食べてほしい、選りすぐりの「海鮮丼」をご紹介します!

伊勢神宮の参拝客が劇的に増えるという「遷宮ブーム」が起こったのが約2年前。
地元の人に聞いても、少し落ち着きを取り戻してきたのを実感するという三重県伊勢市ですが、また盛り上がりを見せているのをご存じですか?

その盛り上がりの理由として考えられるのが、2016年に開催されることが決定した伊勢志摩サミットです。サミットの開催が決まってからは、街は再び活気を見せはじめ、観光スポットとしても再び注目を集めています。そして、伊勢志摩といえば何といっても美しい海の風景と、その海から受けられる恵みの海の幸が魅力です。

そこで今回は、「伊勢に行ったら必ず立ち寄ってほしい」ガッツリ美味しく食べていただける海鮮を使ったどんぶり料理を厳選してご紹介します。

旅の途中で見つけたお店から、地元の人に教わったものまで、選りすぐりのものばかりです!

外宮で“食の神様”を参拝する前に食べたい、伊勢湾の生しらす丼!「浜与本店 外宮前店

浜与本店 外宮前店/生しらす丼

伊勢神宮には外宮と内宮がありますが、
お伊勢参りといえば、外宮から参拝するのが正しい参拝ルートです。

参拝しようと外宮の鳥居を目指して進んでいくと、直前で「名産 生しらす丼」という魅力的な文字が飛び込んできます。
海鮮好きとして、このお店を素通りするわけにはいきません。

浜与本店 外宮前店さんの『生しらす丼』(1300円 2015年7月時点・税込)です。

伊勢湾で捕れるしらすを、新鮮な生の状態で食べられるのは伊勢観光の醍醐味!

目の前に現れた生しらす丼は、白いご飯の上に銀色に輝くしらすが大量に乗っている贅沢な一品でした。きっと生のしらすは「のどごし」が良く、つるりと食べられるものだと思っていましたが、とても濃厚で食べ応えのある味わいでした。これが、生で食べるから味わうことができる、しらす本来の味なのかもしれません。

そんな生しらすに添えられている大葉の葉の香りがとても爽やかさで、白いご飯とマッチしていました。ここの生しらす丼は、「酢みそ」や「だし醤油」など、お好みの味で楽しめるのも魅力です。ここは欲張って、どちらも試してみることをオススメします。

海の幸をたっぷり味わうことでありがたい自然の恩恵を受け、外宮で食の神様とも言われる「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」に感謝をお伝えしてみてはいかがでしょうか?

浜与本店さんは、伊勢では有名なお店です。
テレビや雑誌などのメディアでも紹介されることが多いので、ご存じの方も多いかもしれませんが、秘伝のタレで炊いたという『かき佃煮』や、釜あげしたしらすを自然の色にこだわり天日干しした『黒ちりめん』も人気です。

伊勢の海の幸を使ったお土産は、喜ばれるテッパン商品なので、こちらも是非チェックしてみてください。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント