橘ケンチ氏による中国地方の2蔵へのプロデュース支援を開始

 「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、昨年(平成30年)7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的として、EXILE及びEXILE THE SECONDの 橘ケンチをプロデューサーとして起用した『未来の日本酒プロジェクト』の始動を記念し、『未来の日本酒プロジェクト 事業発表会』を2月21日(木)に hotel koe tokyo にて開催した。



「未来の日本酒プロジェクト」は、昨年7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とし、地域資源(地域産品・サービス等)の魅力を発信する「HASHIWATASHIプロジェクト」プロデュース支援事業の一つ。
 本プロジェクトは、公私を問わず酒蔵を訪れることで蔵元との交流を持ち、昨年9月には酒サムライにも叙任されているEXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチをプロデューサーに起用した上で、採択された事業者である広島の賀茂泉酒造、岡山の丸本酒造の販路開拓、ブランディングに向けた支援を実施していく。
 今回、本プロジェクト開始を記念して行われた事業発表会では、プロデューサーを務める橘ケンチ氏の他、本プロジェクトの採択事業者である、賀茂泉酒造 取締役副社長 前垣壽宏(まえがきかずひろ)氏、丸本酒造六代目当主 丸本仁一郎(まるもと にいちろう)氏、より多くの方に蔵元や中国地方等の日本酒を知ってもらいたいという想いのもとプロジェクトに参画した『Discover Japan』編集長 高橋俊宏氏の登壇のもとトークセッション形式で開催。日本酒や、本プロジェクトへの想いを語った。


●橘ケンチ氏「日本酒は人と人を出会わせる不思議な力を持っている」



 橘ケンチ氏は、今回のプロジェクト始動にあたり「本当に大きなプロジェクトだと思い、今は自分に何ができるか模索中です。日本酒は人と人を出会わせる不思議な力を持っていると思うので、その魅力を存分に伝え、自分にしかできないプロデュースをしていきたいです」と述べた。高橋氏は「橘さんの発信力を最大限に活かしていきたいです。本誌の連載にも出演いただき、若い世代を中心に反響が大きいと感じています」と、橘氏への期待を覗かせました。


●「ケンチさんの人間力はすばらしい。日本酒をもっと引っ張ってほしい」と期待の声
 トークセッションでプロデューサー橘ケンチ氏の印象について聞かれると、前垣氏は「以前、お酒の試飲会を催した際、EXILE THE SECONDのライブのために広島県を訪れたことがあるという女性に出会いました。ケンチさんが酒サムライだということも知っていて、その知名度の高さに驚きました」とコメント。丸本氏は「ケンチさんにお会いしたのは今回の取組にあたり蔵を訪問してもらった時が初めてでした。人間力が素晴らしく、日本酒をこれから引っ張っていってほしいと思った」と印象を述べた。さらに、「ケンチさんは人柄が素敵。すごく真面目で日本酒にとても興味を持っており、ケンチさんの礼儀正しさや真面目さが全国の蔵元の方にも好かれ、色んなことを教えてもらえるのではないかと思いました」と高橋編集長が出会った当初の思い出を語ると、ケンチ氏は「とても恐縮です。日本酒に興味を持ってからまだ日が浅いので、礼儀は気を付けるようにしています。今は色々な方々に可愛がってもらい、日本酒について教えてもらっています。これからも様々な出会いを通して、日本酒を好きになっていきたいです」と照れた表情で語っていたのも印象的だった。

 また、日本酒に興味を持ったきっかけについての質問には、「LDHの世界展開にともなって、自分がアジアの担当になり、海外の色々な場所を訪れた際、まだまだ日本を知らないなと思った時期がありました。その頃に、知り合いに日本酒バーに連れて行ってもらった時、ライフワークとして酒蔵を巡れたら色んな出会いに繋がり、日本文化をより深く理解することができるのではないかと考えました」と振り返った。さらに「日本酒に関する活動を始めて2年半、日本酒にのめり込み、とても楽しませてもらっています。最近は、日本酒だけではなく、日本酒に関わっているモノにも興味を持ち始め、陶芸家さんや米農家などを訪れたりもしています」とコメント。対する高橋氏は「ケンチさんは真面目で好奇心があるので、日本酒を軸にして色んな広がりをしてくれています。そんな活躍を期待を込めて見させてもらっています。連載も反響が良く、1ページから2ページになりました」と笑いながら語っていた



●橘ケンチ、「自分ができることを探していきたい」
 続いて橘氏は、13代酒サムライに叙任されたことについての感想を問われると、「10年以上の歴史がある称号で、歴代の方々もすごい方ばかり。自分で良いのかと思っていましたが、周りから後押ししてもらう中で、自分なりにできることがあると思い、受けさせていただきました」と話し、「真面目に真摯に取り組んで、皆さんにもっと喜んでもらうように、精進したいと思います」とコメント。日本酒を発信する場では着物を着ることが多いですと、橘ケンチ氏なりのこだわりを説明する場面もあった。

 最後に、登壇者4名にプロジェクトへの想いを聞かれると、前垣氏は「今回のプロジェクトをきっかけに、地域のみんなが元気になると思う。ケンチさんがプロデュースすることで、今までとは違う科学反応が起きるような気がする」と語り、丸本氏も「日本酒にケンチさんのオーラを乗せて色んな方に届けたい」と本プロジェクトへの期待を寄せた。また、高橋編集長も「今日からがスタート、今回をきっかけに日本酒を通じて広島や岡山の魅力を伝えたい」と伝え、橘ケンチ氏は「今回の『未来の日本酒プロジェクト』を通して、自分でできることがあれば全力がやっていきたい」と意気込みを語りながら、「ご当地の方々とコミュニケーションを取りながら自分ができることを探していきたい」とメッセージを残した。



プロデューサー プロフィール




橘 ケンチ(たちばな けんち)
EXILEのパフォーマー及びEXILE THE SECONDのリーダー兼パフォーマー。LDH ASIAの一員としてアジアに向けたエンタテインメントの構築も担う。ライフワークである日本酒では全国の酒蔵巡りを始めメディアを通じてその魅力を発信、昨年12月には新政酒造とのコラボ日本酒〈亜麻猫橘〉も完成。2018年9月13代酒サムライに就任。
(公式HP)exile.jp



高橋俊宏 (たかはし としひろ)
岡山県生まれ。建築やインテリア、デザイン系のムックや書籍等の出版を手掛ける。2008年に「日本の魅力、再発見」をテーマにした雑誌『Discover Japan』を創刊。雑誌を通して地方活性の活動にも積極的に関わる。現在、環境省グッドライフアワード実行委員、高岡クラフトコンペティション審査員、高岡市観光経済アドバイザー、地域ブランディング協会代表理事、など多数。



「未来の日本酒プロジェクト」とは

 平成30年7月の中国地方等を襲った豪雨災害では人への被害はもちろんのこと、自然豊かな風土と清流を活かして長年醸し続けている多くの酒蔵も被害を受けており、蔵自体が浸水し、翌年に向けた酒造りが難しくなっている酒蔵も出ています。
 「未来の日本酒プロジェクト」では、国内外の消費者に中国地方等の日本酒需要を喚起すべく、公私を問わず酒蔵を訪れ、蔵元との交流を続けているEXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチ氏をプロデューサーとして起用し、採択事業者の賀茂泉酒造(広島)、丸本酒造(岡山)の2蔵の販路開拓、ブランディングに向けたプロデュース支援を実施します。






「HASHIWATASHI プロジェクト」とは

 「HASHIWATASHI プロジェクト」は、甚大な被害をもたらした昨年(平成30年)7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とし、地域資源(地域産品・サービス等)の魅力を発信するプロジェクトです。 各地の魅力を日本国内はもちろん、国外にも広く発信し、旅行者と生活者を笑顔でつなぐ経済産業省の委託事業です。
特設ページURL: https://hashiwatashiproject.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ