©韓流ぴあ

2018年平昌オリンピック・パラリンピック開幕から1年。これを記念して、韓国・江原道では2月7日(木)~2月17日(日)、「Again平昌」と題したさまざまな祝賀イベントが開催された。

SUPERNOVAが江原道平和観光広報大使に就任

©韓流ぴあ

開幕式からちょうど1年目にあたる2月9日(土)には、「SUPERNOVAと共に楽しむ2019 Again 平昌 SNOW FESTIVAL&FANMEETING」が開催され、日本からもファンが駆けつけた。

今年で日本デビュー10周年を迎えるSUPERNOVAはこの日、江原道平和観光広報大使に就任。ユナク、グァンス、ジヒョク、ゴニルが江陵カーリングセンターでの任命式に臨み、チョン・マンホ江原道経済副知事、チャン・シテク江陵市副市長らと共に登壇した。ソンジェは日本での舞台出演のため残念ながら不参加となったが、江陵で撮影された映画『Guest House』(2017)で主演を務めたことがあり、江原道と深い縁を持っている。

リーダーのユナクは、チョン・マンホ江原道経済副知事から委嘱牌を受け取ると、ファンに「韓国でも一回やってみますか? “君たちは?”」と声をかけ、「Milky!」「僕たちはSUPERNOVAです!」と恒例の掛け合いを披露した。

続けて「江原道平和観光広報大使に任命されてとても光栄です。みなさん、寒い中こんなに遠くまで来てくれてすごく嬉しいです。氷の上にいるからちょっと寒いと思うけど、今日は楽しい思い出を作って、日本に持って帰ってほしいです」と挨拶し、「そしてグァンちゃん!」とグァンスにバトンタッチ。

昨年3月に除隊したグァンスは「軍隊にいるときに広報団の一人として、平昌オリンピックの前に広報活動をやったんです。そして今度はメンバーとファンのみんなと一緒にここに来て、広報大使にも任命されて、とても光栄です」と感想を語った。

©韓流ぴあ

その後、SUPERNOVAは韓国カーリング女子元代表の金智善監督、中国カーリング男子代表の徐暁明選手の韓中夫婦による指導の下、実際の競技が行われたリンクでカーリングに挑戦し、ファンたちと氷上でのひとときを楽しんだ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます