小出恵介、キスシーン連発に“エロ酔い” 深夜ドラマ「それでも僕は君が好き」で主演

2015.8.8 5:57配信
 フジテレビのドラマで初主演する小出恵介

 俳優の小出恵介が、今秋放送の深夜ドラマ「それでも僕は君が好き」で、フジテレビのドラマに初主演することが決まった。

 本作は、台湾の人気脚本家・徐誉庭さんの小説『馬子們!(マーズマン=直訳:彼女たち)』を原作にし、『別冊少年マガジン』に連載中の『それでも僕は君が好き』を初ドラマ化。小出演じる芹澤祐輔の10歳から29歳になるまでの恋愛遍歴を振り返るという物語を4夜連続で放送する。

 本作で、情けないやつだけれど、憎めない、どこにでもいるような“駄目男子”の祐輔を演じる小出は「純粋で前のめりなかわいさがあふれた愛すべき男性と、それを愛してくれる女性のストーリーにご注目いただきたい。“温かい気持ちになれるエロドラマ!?”だと思いますので、ぜひ楽しんでください」と語った。

 また台本を読んだ感想を「“ドラマでやっていいのかな?”と感じるぐらい自由に書かれている印象」と明かした小出は、撮影現場の様子について「ほどほどにやるのかなと思っていたら、実際はそれの倍ぐらいの演技をするという異例の雰囲気でした」とコメントした。

 具体的には「下ネタの部分が多くて、パンツ一丁のシーンがいくつもありました。これは“誰か止めてくれるんだろうな”と思ったけど、誰も止めませんでしたね…。1日で何人もの女性と“キスシーン”を経験して“エロ酔い”しました」と語り、苦笑いを浮かべた。

 さらに、ラブシーンでは「相手の女優さんにものすごく気を使って、監督からむちゃくちゃな要求がきても、相手の様子をうかがいながら演じるようにした」という小出。「ドラマでここまでのラブシーンは、初めてだったけど、うまくいったと思う。いろいろと迷うところもあったけど、変に力み過ぎず、相手をきれいにみせるよう心掛けました」と振り返った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング