映画『進撃の巨人』リル役・武田梨奈が語る「強い女」論

『進撃の巨人』のリル役として出演している武田梨奈は本物の空手家でもある、日本を代表するアクション女優だ。CMでも得意の瓦割を披露、今後も出演映画が目白押しの彼女に「強い女」の定義について聞いてみた。

今夏と秋に2部作で公開される話題のアクション超大作『進撃の巨人』や映画『TOKYO CITY GIRL』『かぐらめ』『木屋町DARUMA』を始め、出演映画とこれから撮影に入る映画が猛ラッシュ!

いま最も勢いにのっている武田梨奈は、本物の空手家でもある、日本を代表するアクション女優だ。

そんな武田の凛とした強さがどこから生まれたのか?  彼女が思う強い女性とはどんな人なのか?  彼女を直撃した。

10歳の時に空手を始めた

 

頭突きで瓦を割るカード会社のCMで見る者を圧倒し、昨年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭では“新しい波を起こして欲しい映画人に贈られる”「ニューウェーブアワード」の第一回受賞者のひとりに選ばれた武田梨奈。

今年の同映画祭でも花井瑠美、三田真央らとともにプロジェクションマッピングとコラボした迫力満点でド派手なオープニング・アクションを炸裂させ、満員の観客を魅了した彼女は、誰もが認める日本を代表する現役最強のアクション女優だ。

10歳のときに空手を始めた武田の強さは、すでに琉球少林流空手道月心会の黒帯であることや、今年の1月18日に開催された「関東空手道選手権大会」の「高校・一般 型の部」「一般女子 組手の部」でW優勝を飾り、自身二度目となるMVPに輝いたことでも明らか。

しかも彼女は、身体能力の高さによる肉体的な強さだけではなく、精神面も強い。

チャレンジ精神も旺盛で、今年の“ゆうばり”には記念すべき初めて出演した海外の作品でもあるインドネシア映画『BUSHIDO SPIRIT』(14年/監督:RYUKEN RAISSA) 、『夜があけたら』の2作品を引っ提げての 参加だった。

「これまでにも海外の作品の出演のお話はいただいていたんですけどなかなか実現までいかなくて。『BUSHIDO~』は日本の空手が描かれていたり、お兄さんを津波で亡くしたインドネシアの空手家の少年が再生していく物語は3.11の哀しみを乗り越えて立ち上がろうとしている東北の人たちとリンクしていたので、彼らと一緒に何かできたらいいなと思って。日本とインドネシアの交流をとにかく深めたかったんです」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング