【横浜中華街】超レア! 「白い担々麺&白い麻婆豆腐」が食べられるお店に行ってみた

横浜中華街に「白麻婆豆腐」と、「白担々麺」が食べられるお店があるという。気になるその全貌を、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

中華街の「心龍」というお店で食べられる白い麻婆豆腐が気になります(だいさん)中華街で美味しい担々麺が食べたい(ふんわりハミングさん)

※本記事は2015年5月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

最近白い服を着て出かけたい願望がすごいのですが「白」を着ているとミートソースとか、カレーうどんとか、わんぱくにいただけないじゃないですか。うかつに色のついた食べ物に手を出せません。

じゃあさ、白米とかおかゆとか食べてればいいじゃん、となるのですが季節は初夏。辛いものが食べたくなるんだなあ。

襟にナプキン挟むのもなんだかこっぱずかしいし、どうしたらいいんだろうなあと思っていました。そんなとき、中華街には白いアレとか、アレとかがあるという噂を聞きましてん。これは・・・!!

元祖白麻婆豆腐に投げキッス

延平門がきれいになっている

そんなこんなでやってきた中華街。

この日は夏ばりの暑さ。道行く人もみなさん軽装です。こういう暑い時に食べたくなるのが・・・

見るからに辛そうな、真っ赤な麻婆豆腐。ぎゃっと食べてぎゃっと元気になっちゃいたいなあ。と、こういう誘惑が多いため、この日はあらかじめ白いシャツを着てきました。しかも妹の。これは汚すわけにはいかない。

さまざまな赤い食べ物を乗り越え、中華街大通りを1本入ったところにある、心龍(しんろん)に到着。

木を使った、古い中国をイメージしたお店。外観からムード漂う心龍。こちらになんと「白麻婆豆腐」なるものがあるそう。いったいどんな感じなのか。果たして辛いのだろうか?

1階はカジュアルな雰囲気で、2階は品のあるしっとりとした雰囲気。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント