育児は日々新しい発見と驚きがあり、楽しいものですが、大変なことが多いのも事実ですよね。

特に、住み慣れた土地を離れ都会で育児をするママは、両親や義両親が近くにおらず、友人も少なく、育児の悩みを一人で抱え込みがち。

今回は、都会で育児をするママたちがどんなお悩みをもっているのかを、子育て中のママライターがご紹介。

そして、都会でがんばるママの肩の力をスッと抜き、子育てをもっと楽しめるようになるための、おすすめの方法をお伝えします。

都会で育児をするママのお悩みベスト3とは?

1.ワンオペ育児のため一人で息抜きをする時間がない

男性が育児休暇を取得できる企業が増えてきたとはいえ、朝から晩までママが一人で子どもと向き合っているという家庭も多いというのが現実。

それに加えて、家事もこなさなければいけません。

育児の悩みや不安を聴いてもらえれば気持ちも少しは楽になるのですが、夫は仕事で帰りが遅く、ゆっくり話す時間もない、という方も多いのではないでしょうか。

結局家庭がママの肩にすべてがかかっている……というケースも。

また、両親や義両親が近くにいれば、2~3時間、子どもを預けて美容院やショッピング、たまにエステなどに行って息抜きもできるのですが、都会に住むママは両親も義両親が遠方に住んでいるケースが多く、子どもを預けられる人がいません。

結果、いつも同じ服や髪型で過ごすことが多くなり、自分に自信が持てず、人と関わることにどんどん消極的になってしまう……というママは少なくないようです。

2.悩みを話せる友人がいない

都会での育児は、子育てのちょっとした疑問や大変さなどを共有し合える友人が近くにいないというのも、多くのママが抱える悩みのひとつです。

新しい友達作りをしようにも、慣れない土地では「どこで友達を作ればいいのか?」「どこに行けばいいのか?」も、よく分かりません。

Facebookやインスタグラムなどで、地元の同級生がママ友としてランチをしている姿や、子どもたち同士を遊ばせている姿を目の当たりにして、羨ましくて仕方がないというママもいました。

3.情報が溢れすぎて自分の子育てに迷いがち

ネットが普及し、困ったことや知りたい情報があると、スマホ等で簡単に検索できてしまう現代。便利な半面、情報が増えれば増えるほど心配の種も増えてしまう......。

自分だけがダメなのかも、他の子と比べて、などついつい落ち込んでしまうママも多いのでは?

そんなときは、休日に思い切っていつもと違った場所に出かけてみるのもおすすめ。

気分をリフレッシュさせるのも大切です。

そこで他の人と悩みを共有したり、これでいいんだ!とほっとしたり、新鮮な気付きに出会えるかもしれません。

 

「ハピママ*」更新情報が受け取れます