こんな男には気をつけろ! 幽霊よりも恐ろしい“ストーカー男”体験談&撃退法

2015.8.11 10:00

この世には、一見しただけでは分からないもの、見えないものが、実はたくさん溢れてるって知っていましたか? そしてこういう霊は、死んだ人間より、生きた人間の霊の方が厄介なんです。ということで今回は、彼氏から被害を受けたある女性のエピソードを紹介します。

どうも。物書きとしての最初の仕事が怪談ライターだった松本です。

この世には、一見しただけでは分からないもの、見えないものが、実はたくさん溢れてるってご存知ですか?
幽霊とかオーラとかも、そういったものの一種でしょう。

あいにく僕は霊感なんかないですし、幽霊なんて怖いので見えなくて大いに結構なのですが、見えなくても、霊の影響を受ける人ってのは意外と多いようですよ?

そしてこういう霊は、死んだ人間のものより、生きた人間が作り出したもののほうが、はるかに厄介だっていいます。

今回は、以前生霊に悩む女性を取材したときのお話を、ちょうど怪談の似合う季節ということもありますし、特別にご披露いたします。

はじめは“束縛”の強い男性でした…

その女性、仮にFさんと呼びましょうか。Fさんは都内の清掃会社に勤める真面目で、ちょっと地味なかんじの20代の方でした。

ざっくり発端を説明すると、お見合いで知り合った30代の男性と懇意となり、何度かデートを重ねて交際をスタートさせたのですが、徐々に束縛が強くなり、仕事先の人間関係にまで口出しをするようになったといいます。

Fさんに限らず、そんな男性とは付き合いを続けたくありませんよね。
ともかく彼女は、この男性に別れを切り出し、揉めに揉めた末、なんとか破局することができました。

ところがそれ以降、携帯に非通知のいたずら電話、自宅付近に不審な男性がうろついている、職場にいたずら電話がかかるなど、様々な実害が生じることに。

そこで彼女、ノイローゼ寸前に追い詰められたことや家族の薦めもあって、仕事を辞め、携帯も破棄して実家に戻ることにしました。
これで終わればよかったのですが……。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント