内田有紀、洋画の吹き替えに初挑戦 「ずっと憧れていたのでうれしい」

2015.8.11 13:59配信
 小杉竜一(左)と内田有紀

 映画『アントマン』の日本語版声優お披露目イベントが11日、東京都内で行われ、内田有紀と小杉竜一(ブラックマヨネーズ)が登壇した。

 本作は、仕事も人間関係も空回りの男スコット・ラングが、身長わずか1.5センチになれる驚異のスーツを着用し、未知なる潜在能力を持った“アントマン”として奮闘する姿を描く。

 スコットの親友ルイスの声を務めた小杉は「『ようやく小杉さんにピッタリの役が見付かった』と言われて、来たのが太ってて明るいやつの役だった」と自虐的に語りながらも「悪巧みもするけど友達思いの悪友役。スコットとの掛け合いも面白いので楽しんでほしい」とアピールした。

 一方、アントマンを指導するクールなホープ役の内田は、これが吹き替え初挑戦というが「小さいころから、ジュリア・ロバーツといえば戸田恵子さんというように、洋画の吹き替えを女優さんが演じていると聞いてずっと憧れていた。オファーが来た時はうれしくて、作品やキャラクターを壊さないに頑張ろうと。まずは(演じている)女優さんの芝居の呼吸に合せるところから始めました」と振り返った。

 また小杉から「本当に初めて?めちゃくちゃうまかった」と絶賛された内田は「いやいや逆ですよ。小杉さんがこんなに上手にやられているからどうしようって不安になってしまって…」と当時の心境を吐露した。

 また、小杉は「僕なんてやりたい気持ちが前のめりに出過ぎて、『そんな面白くしないでいいからちゃんとやってください』と言われたり、事前にスタッフから『内田さんはかむこともなく、バーってやられましたよ』ってプレッシャーを掛けられて大変でした」と明かし、苦笑いを浮かべた。

 映画は9月19日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング