良知真次、15年ぶりに帝国劇場の舞台に 神田沙也加「うれしくて後部座席で足をバタバタさせた」

2015.8.11 14:37配信
 (左から)演出の山田和也氏、良知真次、舞羽美海、山口祐一郎、神田沙也加、平方元基、石川禅

 ミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」の制作発表記者会見が11日、東京都内で行われ、出演者の山口祐一郎、神田沙也加、良知真次ほかが登場した。

 本作は、バンパイアの故郷として知られる極寒のトランシルバニアを舞台とした作品。

 自由な外の世界に憧れる少女サラを演じる神田は、出演が決まった瞬間を「サラ役をやりたくて仕方がなかったので、本当に喜びました。車の中で(出演の決定を)聞いたんですけど、後部座席で足をバタバタさせながら、やったーって喜んでハイテンションでした」と振り返った。

 一方、良知は、舞台となる帝国劇場について「僕にとってものすごく思い入れのある劇場で、15年前に堂本光一くん主演の『MILLENNIUM SHOCK』にジャニーズJr.として出演させていただいて以来の帝国劇場なので、皆さんの足を引っ張らないように頑張ります」と意気込みを語った。

 また「これだけは譲れない欲望は?」と質問された良知は「温泉欲ですね。僕は温泉が大好き過ぎて温泉ソムリエの資格を取ったぐらいなので、大きな仕事が終わった後は、すぐに温泉地に行きます」と明かした。

 舞台は11月3日から30日に都内、帝国劇場、2016年1月2日から11日に大阪、梅田芸術劇場、1月15日から17日に名古屋、愛知県芸術劇場で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング