【判明!】なぜ“彼ママ”は怖いのか、現役ママが真剣に考えてみた

彼との交際が進むにつれ、気になって来るのが“彼ママ”。怖いママもいれば優しいママもいて、会うまではドキドキですよね。今回は、彼ママが厳しくなってしまう理由を探ってみました。

彼との付き合いが深くなってくればくるほど避けられないのが“彼ママ”の存在。まだ会わないうちから「彼ママが怖い……」と思っている女性は多いのではないのでしょうか。

ざっくりと彼ママを分類すると、ニコニコと優しいフレンドリーママ・するどい視線の厳しい姑タイプのママの二種類になるようです。

優しいママはともかく、まだ結婚すらしてないのに“厳しい姑”ってどういうこと……と不思議になりますが、いったいなぜ分かれてしまうのか。この差は、どこから来るのでしょうか。

今回は現役・二児のママである筆者による、彼ママ考察をご紹介したいと思います。

どんな彼ママも、彼が赤ちゃんの頃は…

筆者が出産してからずっと付き合いのあるママ友二人は、男の子のお母さん。「息子に彼女が出来たら、早く家に連れてきてほしいわ」「息子の彼女とお出かけとか憧れるよね」「優しい女の子だったらいいわ」「彼女になってくれるってだけでありがたいよね」……子どもたちがまだ赤ちゃんの頃、こんな話をママたちとよくしたものです。

当時はどんな彼ママも、フレンドリーママになりたいと思っていたのです。

あれから十数年、ママたちはこう変化した

息子たちは思春期を過ぎ、りっぱな男子に成長。でも、なんと、その二人のママはみごとにフレンドリーママと姑タイプとにハッキリと分かれてしまいました。

なぜ、こんなことになったのでしょう。あんなに「彼女ができるだけで上出来」とまで言っていたのに。どうやら分かれる分岐点は二つ。団体行動をしはじめる時期です。それは息子のスペックが明確になる時期だ、ということが分かりました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント