家族で観て欲しい一本!
『超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!』

子どもたちにとって、何よりの楽しみである春休み、夏休み、そして冬休み。そんなご褒美のような特別な期間の風物詩が、かつてこの国には存在していました。それが、怪獣映画です。

怪獣映画の王様であるゴジラに、そのゴジラと並ぶ二枚看板のガメラ、そして、ゴジラ映画から飛び出し主役作も製作されたモスラなどなど。怪獣を主役とした新作映画の公開は、当時の子どもたちにとって大きな楽しみでした。

しかし、そんな怪獣映画も、いつの間にか新作の発表が行われなくなり……。かつて、映画館で怪獣たちが繰り広げる戦いに胸をワクワクさせながら観ていた自分としては、この現状は何とも寂しい限り。

そんな中、2000年代の後半に怪獣映画へのリスペクトをたっぷりと詰め込んだアニメ映画を作り続けていたのが、この『超劇場版ケロロ軍曹』シリーズです。その2作目にあたる『超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!』は夏休みにピッタリの大傑作!

夏のバカンスに訪れた南の島で、ケロロ小隊や日向夏美、冬樹姉弟といった『ケロロ軍曹』お馴染みのメンバーが巻き込まれる大事件を描いた本作。

巨大生物やそれに挑む最新鋭の化学兵器、神秘的な力を持つガジェットなどなど、怪獣映画定番のアイテムとモチーフが次々に画面に登場し、誰もが楽しめる作品に。

更に、本作で作劇の大きなテーマとなっているのが家族愛。怪獣映画的なモチーフでエキサイトし、家族の絆にホロリとさせられる。家族で楽しめる優れたエンターテインメント作となっています。物語の舞台となる深海の描写も熱い季節にピッタリ。この夏、是非ともご家族で観ていただきたいアニメ映画です!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます