若手俳優が熱く挑む。潜水艦で出撃した若者の物語

2015.8.12 15:10配信
(左から)加藤慶祐、白石隼也、小澤雄太 (左から)加藤慶祐、白石隼也、小澤雄太

これまでに何度も上演を重ねてきた樫田正剛作・演出の『あたっくNo.1』。昭和16年、行き先を知らされぬまま極秘の任務に旅立った潜水艦の乗組員たちの物語が、戦後70年という節目の年の夏に蘇る。11人の男たちが集う熱気あふれるこの舞台。白石隼也、加藤慶祐、小澤雄太(劇団EXILE)がキャストを代表して、意気込みを語った。

【チケット情報はこちら】

『あたっくNo.1』が誕生したのは、樫田の伯父の日記がきっかけだった。広島県呉軍港からイ18号潜水艦に載り、航行中に行き先がハワイの真珠湾であると知らされたことが綴られていたその日記から生まれた物語だと聞いて、白石は「舞台の経験は少ないんですけど、ぜひやらせてもらいたい」と思ったのだという。「演じるのは、真珠湾攻撃で戦死された“九軍神”のひとりをモデルとした古瀬中尉。実在された方を演じるのは初めてです。その責任や、樫田さんのこの作品への思いを感じつつ、この時代のことを勉強して、いかに役に寄り添っていくかということを大事に、演じていきたいと思います」。

また、「ハンパない熱量の舞台になる」と話すのは、寺内という愛すべき男を演じる加藤。「正直言って、死を覚悟して任務を遂行するという気持ちは簡単にはわからない。でも、だからこそ、嘘なく本気でぶつかることで見えてくるものがあると思うので。本気で演じて、この時代のことを知らない方にも、少しでも伝えられたらいいなと思います」。そして、劇団EXILE公演として行われた公演から数えて3度目の参加である小澤。「僕が演じる大滝少尉は、狂犬のようだった男が潜水艦で仲間たちと出会って友情に目覚めていくという役柄。大滝ひとりにもそれだけの物語があるように、それぞれ物語があるので、一人ひとりに注目してほしいし、何度でも観てほしい」とアピールする。

繰り返し上演を求められるのには理由もある。「戦争とか潜水艦の話と聞くと暗いイメージが浮かぶかもしれないですけど、これは若者たちの青春が詰まってる話なんです」と加藤が言えば、小澤も「死を覚悟した人たちがそれまでの日常をどれだけ楽しく幸せに過ごしたか。僕たちが伝えたいのはそこなんです」と強く語る。ただ史実を描くのではない。若者たちがその時代をいかに生きたかということを熱くリアルに見せてくれるのだ。白石が最後に胸を張った。「『あたっくNo.1』史上最高の舞台にします。ぜひ期待して観に来てください」。

取材・文:大内弓子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング