【花燃ゆインタビュー】石橋杏奈「コントもドラマも、どちらも魅力的です」 毛利家の大奥で美和に影響され同志へと成長していく鞠役

2015.8.14 15:33配信
大奥で美和の同志となる鞠役の石橋杏奈

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、毛利家の奥御殿(大奥)に入り自らの才覚で出世を目指すが、総取締役から監視を命じられた美和(井上真央)の人柄に触れ、同志として絆を強めていく鞠(まり)を演じている石橋杏奈。恋愛ドラマからコント劇まで幅広い才能を見せる石橋が、豊かな人間性がにじみ出る鞠の日々を語る。

 

-どんなことを意識して鞠を演じていますか。

 鞠はしっかりしていて機転の利く人なので、真面目に見えるように気を付けています。出世したい気持ちも持っているので、うまく立ち回る優等生ということを意識して演じています。

-女性ばかりの現場はいかがですか。

 女性ならではの威圧感があり、大奥の中での緊張感のあるピリッとしたシーンでは、お芝居とはいえすごく怖いです。(笑)

-共演場面も多い主演の井上真央さんはいかがですか。

 せりふや所作を覚える時間を入れると、休める時間がないと思うんですけど、現場での気配りを誰よりもされていて、気遣いが端の方にまで行き届いています。とても尊敬していますね。

-NHKの「LIFE!~人生に捧げるコント~」にもレギュラー出演されていますが、違いはありますか。

 もう、全然違います(笑)。コントはやはり笑いを求めている現場ですので、撮影中は常に笑いが飛び交っていますし、現場でイメージを膨らませることもあります。ドラマはじっくりと時間をかけて撮影していくので、役の作りやすさで言えばドラマです。でもコントは5分の中で役を見せるという面白さもあるので、どちらも魅力的です。

-所作のご苦労は?

 本番の直前に所作が変わることもあって、お芝居と一緒に体が付いていかないことがあります。大奥編の後半では戦のことを伝えたり、切羽詰まった緊迫のシーンも多いので、気持ちが焦ると動きもぎこちなくなってしまい、そういったところは苦労しています。

-江口のりこさんは着物を着る時、息を吸って体を大きくしておくと言っていましたが、何か工夫していますか。

 私は着るときに腹筋に力を入れます(笑)。そうするとちょっと緩くなるので、少し違ったりします。

-今後大奥のドラマに出るときは、どのあたりまで出世したいと感じましたか。

 (いま演じている)御次(奥女中)が良いですが、打ち掛けを着たいという思いはあります。松坂(慶子)さんが演じている都美姫はせりふがびしっと決まっていて、かっこいいんです。経験を重ねて深みを増さないとできない役柄なので、経験に合った地位を演じる機会をいただければうれしいです。

-今の段階で、「花燃ゆ」への出演で得たことがあれば教えてください。

 この現場では学べるもの、得られるものが特に多かったと思います。お芝居をしている時の立ち姿や間(ま)とか。せりふ回しの強弱や抑揚も含めて、真央さんをはじめたくさんの方から学ばせていただきました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング