深田恭子、初舞台は「気が付くと愛に辿り着く」物語

2015.8.14 17:50配信
ミュージカル『100万回生きたねこ』 ミュージカル『100万回生きたねこ』

女優の深田恭子が初舞台を踏むミュージカル『100万回生きたねこ』がまもなく開幕する。初日を目前に控えた8月13日、東京芸術劇場 プレイハウスにて、作品の一部が報道陣に公開された。

ミュージカル『100万回生きたねこ』

1977年の初版からロングセラーを重ねる、佐野洋子の同名絵本を原作にしたミュージカル。イスラエルの奇才、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックが演出・振付・美術を務め2013年に上演、大好評を得た作品の、2年半ぶりの再演だ。今回は、100万回生まれ変わり様々な飼い主に飼われながらも自分のことしか好きにならなかった“とらねこ”を実力派俳優・成河(そんは)が、とらねこが初めて好きになる“白いねこ”を深田が演じる。白い衣裳に、白いねこみみ帽子をかぶったふたりは、しなやかに瑞々しく、穏やかな愛の物語を紡ぐ。そこにインバル振付による独特のダンスや、時に影絵のような陰影を生み出す美しい照明などが合わさり、美しい世界が広がった。

主演のふたりは開幕に向けた心境を「自分にどこまでのことが出来ているのかまだ正直良く分かりません。ただ仲間を信じて、少しでもお客さまの心に届くように、千秋楽まで努力を重ねたい」(成河)、「この物語は、伝え方は真正面ではないけれど、気が付くと愛に辿り着く。とらねこちゃんが、女の子や白いねこと旅をするように、私もこの舞台でキャスト・スタッフの皆さま、そして客席の皆さまとご一緒に、賑やかで、切なく、愛おしい、旅をしたい」(深田)とそれぞれコメント。またインバル・ピントとアブシャロム・ポラックは「お客さまはこれまでとは一味も二味も違う成河と恭子に出会い、驚くことでしょう」と語った。

公演は8月15日(土)から30日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウス、9月3日(木)・4日(金)に石川・北陸電力会館 本多の森ホール、10月2日(金)から4日(日)まで大阪・シアターBRAVA!にて。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング