【酒場】渋谷の立ち飲み「富士屋本店」で花嫁の父ゴコロを知る

結婚を間近に控えた著者が、夫になる男性と行ったのは立ち飲みの名店へ。ホッピーセットとビールを飲みケンカをしていた隣に10年間禁酒も1年前に復活したおっちゃんが登場し……。


千円でべろべーろになれる千円酒場。
今日は久々に渋谷の「富士屋本店」にやってきた。
刺身もポテサラも乾きものも揚げ物も充実しているオオバコの名立ち飲みだ。
とくに注文してから揚げてくれるフライはじつに香ばしくてくせになる。
壁にはサイン色紙が並ぶ。
お気に入りは『もう駄目だと思ったり。まだやれると思ったり』
ニッポンを代表する好々爺、大滝秀治の一枚である。


さて。
どうでもいい自分ごとなのだが、このほど結婚することになった。
で。どうでもいい瑣末な準備に追われ、相手のオット男子と
どうでもいいケンカの日々である。
今夜も、目下もめながらの立ち飲みだ。
「ホッピーセットください~」外面のいいオット男子が
おばちゃんにかわいい声で言う。
これは正しい。ここでせんべろするならまずホッピーセットだ。
800円もするが、ひるんではいけない。
宝焼酎25度が瓶ごと(600ml)とホッピー、それに氷(随時補充)入り
グラスが出てくる。


ホッピーをうすーくうすーく入れて割るのがせんべらーの秘技だ。
私はビールの小瓶250円。
それに今日のおすすめの地ダコの刺身を頼む。
350円の地ダコのぶあつさに感激し、しばし飲食に没頭する我々。
あっという間にビールを飲み干してしまった。
ケンカはのどがかわくのだ。
値段は高いが長持ちする効率のいいホッピーセットと、
値段は安いがすぐになくなる小瓶ビール。


 

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング