Jin-Machine

Jin-Machine

各々が自分の名前を書いたフリップを掲げて登場したJin-Machine。「はいどうも〜〜Jin-Machineで〜〜す!」と、featuring16(MC・Vo)による低姿勢かつ冗談を交えた挨拶を終え、合唱からメタル、ラップ、宇宙語(?)へ超展開する『頑張れ!桜、アディオス』から、あっつtheデストロイ(破壊・Vo)のデスボイスと、フリップ芸が炸裂する『環境デストロイ』と畳み掛け、カマキリのような振り付けが楽しい『昆虫すごいぜ!』など、バンドと観客が一体となったステージを繰り広げた。

「同窓会みたいな、おセンチな気持ちになっちゃうけど、こうやってまた同じステージに立ててよかった」と、しみじみ語るfeaturing16。このツアーが彼らにとって楽しいものだったことが伺える。ラストの『マグロに賭けた男たち』の曲間では、マグロのぬいぐるみを客席に投げこむお約束のパフォーマンスがあるのだが、そこにクララ、SHIN、ノビタも乱入。ここでしか見ることのできないメンツでのマグロ投げに観客の熱気は最高潮に。

ここで終わりと思いきや、「大阪といえばパラパラでしょ」とメンバー全員が楽器を置き『Fire Love』でパラパラを披露。最後まで油断できないJin-Machineのステージはこうして幕を閉じたのであった。

Jin-Machine

鬼龍院翔

鬼龍院翔

そしてトリの鬼龍院翔が登場。「最後まで残ってくださってありがとうございます! 一生懸命盛り上げますんで、ついてきてください!」と、1曲目の『元カレ殺ス』から、会場は拳をあげてヒートアップ。ライブハウスを回ることが久々ということもあり、「(客席が)近いよ!」と嬉しそうな鬼龍院。

そして曲の途中で「ズボンのチャックが全開」だったことに気づき、「道理で最前列が騒がしいと思ったら……」と客席との近さが仇になる一幕もあれば、ギターソロでは「近いよ! 手が届きそうだよ!」とマジックハンドを客席に向ける(文字通り「手が届く」!)という、ソロツアーでも芸の細かさが光る。

「今日は沢山の友人に出てもらいました」と、出演者に対して感謝を伝え、アイドルグループ・Dancing Dollsに提供した(本人は「ある意味、未成年と関係を持った」と語る)『メロメロバッキュン』を振り付け込みで披露。

SHIN、鬼龍院翔

「お怪我のないよう楽しい時間を作ろうか!」と始まった『僕クエスト』には、中盤からゲストボーカルとしてSHINが登場し、サビを2人で熱唱。終盤でずっこけるお馴染みのくだりも2人で行うなど、先輩後輩ぶり(?)を見せつけた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます