平田満、原点の舞台で「あの頃の情熱を再び感じたい」

2015.8.19 10:50配信
平田満  撮影:源 賀津己 平田満  撮影:源 賀津己

伝説の舞台『熱海殺人事件』が12月、奇跡のキャストを揃えて紀伊國屋ホールに帰ってくる。70年~80年代の小劇場ブームを牽引したつかこうへいの代表作に、オリジナルキャストである風間杜夫と平田満が再挑戦。演出にいのうえひでのりを迎え、つかの愛娘である愛原実花、気鋭の若手俳優中尾明慶とともに、新たな伝説を刻むこととなった。「ちょっとヘンだと思うんですよ。無理がありますよね(笑)」。演劇ファンの興奮をよそにのんびりと笑う平田満に、思い出の舞台へ向かう心境を聞いた。

舞台『熱海殺人事件』チケット情報

「大好きな作品ですけど、これは若い肉体と情熱でやるべきものだと思っていて。この歳で若き熱血刑事の役をやるなんてとんでもない、とは今でも思ってますよ(笑)。でも、風間さんも、演出のいのうえさんも本気でやろうとしている。冗談じゃないとしたら、僕が今やる意味は何だろう?と。自分の原点であるこの作品で、当時の情熱を再び感じられたら素晴らしいなと思いましたし、“あ~やっぱり平田満は歳をとったな”と思われたら、それも本望だと。なんだかリトマス試験紙みたいなものですよ(笑)」

舞台では、“熱海で工員が女工を絞め殺した”という平凡な事件を、刑事たちがそれぞれの美学を振りかざし、自身の愛憎劇を絡めながらドラマチックに飾り立ててゆく。熱演という言葉では足りないほどの激情を、惜しみなく放つ俳優たち。その姿を目にした観客にも、味わったことのない破格のカタルシスが押し寄せる。時代によって人物設定やディテールを変えながら、つかは度々、この作品を多くの若い俳優たちとともに甦らせた。

「さまざまな変更があっても作品の根幹は変わらない。つかさんは一人一人の役者を魅力的に見せてくれる天才でしたね。役者自身が素っ裸になり、“俺ってこんな人間だったのか!?”と思いながらも汚い言葉を吐いて、でもちょっと気持ちいいなと感じたり(笑)。そこに意義を持たない俳優はダメだ、ということは教わりました」

そんな“つか魂”を熟知した平田と、つか作品への初挑戦を決意した愛原との共演にも感慨を深くする。「当然ですけど、愛原さんは僕らの舞台をご覧になっていない。ご自宅では、つかさんは芝居の話をいっさいしなかったと聞いています。一番新鮮な目で、この作品に向かわれるんじゃないかと思いますね。今回はもちろん、いのうえさんのお考えに委ねてやっていこうと思っていますが、その向こうにはつかさんがいらっしゃって、皆でつかさんの声を聞く…、そういう稽古になるような気がします」。つか作品のファンには「きっとこれまでのバージョンを観てきていると思うので、対比によって作品のより深いところまで伝わればいいな」と語った後、すぐに「とは言え」と続ける。笑顔の瞳に、原点の頃を思わせる闘志の輝きが浮かんだ。

「骨董品を見るみたいな面白さじゃなく、今現在の感覚で、面白いね!とウケたいな(笑)」

12月8日(火)から26日(土)まで東京・紀伊國屋ホールにて。チケットぴあではインターネット先行を受付中、20日(木)午前11時まで。

取材・文 上野紀子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング