あなたが知らない「DAIGO」の話―24時間マラソンが10倍面白くなる!? 6エピソード

2015.8.19 17:30

24時間テレビのランナーを引き受け、歌にバラエティと話題&大活躍のDAIGO。今回は読めば24時間マラソンが10倍面白くなること間違いナシの、「あなたが知らないDAIGOの話」を音楽ライターが教えちゃいます!

そのコミカルなキャラクターで子どもからおばちゃんまで幅広い層に愛され、バラエティーに音楽活動に引っ張りだこのDAIGO。

今年の彼は24時間テレビのランナーを引き受け、某大人気女優と熱愛報道…!「うぃっしゅ」が流行語にノミネートされた2008年と同じぐらい注目されていると言っても過言ではないでしょう。

読めば24時間マラソンが10倍面白くなること間違いナシの、「あなたが知らないDAIGOの話」を音楽ライターが教えちゃいます!

実は元ヴィジュアル系ミュージシャン!

DAIGOのキャリアのはじまりはタレントやモデル…ではなく、高校時代の友達と結成した「JZEIL」というバンドでした。SIAM SHADEの後輩バンドという立ち位置で、雅-MIYAVI -などとも交流があった「JZEIL」は、なんとどハデなメイクと衣装のヴィジュアル系バンド。

もともとDAIGOはデビット・ボウイに影響を受けたり、黒夢のファンクラブに入っていたりなど、センセーショナルなルックスのロックミュージシャンに憧れていたようです。「JZEIL」は音楽雑誌からの評価等も高かったのですが、2001年に音楽性の不一致で解散しました。

実はソロデビュー曲をヒムロックが作った!

その後DAIGOは“DAIGO☆STARDUST”という名前で2003年にソロデビューします。
メジャーデビュー曲はDAIGOも敬愛してやまない氷室京介がプロデュース。氷室自身が再始動する際に作曲した「Claudia」の曲に、DAIGOが作詞の歌詞を載せた「MARIA」でメジャーシーンに打って出ました。

因みにこの“STARDUST”はグラム・ロックシーンを代表するデビット・ボウイの超名盤 『ジギー・スターダスト』からとっての命名です。なので、DAIGO☆STARDUST はグラム臭プンプンのギラギラした衣装を身にまとい、楽曲もグラム・ロックをベースにしたものが多め。

2003年にグラム・ロックをやろうというだけでユニークなのですが、DAIGO☆STARDUSTの本当に面白いところはその設定。なんと“宇宙からきたロック王子さま”という設定で、無駄に接頭語に「スペイシー」をつけまくるという超強力キャラでした。

「こんなおもしろい逸材が売れないはずがない!」と、事務所やレコード会社も思ったのでしょう。MCを打ったりと、プロモーションに力を入れておりました。が、一部でカルト的人気を博すに留まり、2007年にあえなく活動休止。同時期にブレイクしていたゆうこりんこと小倉優子との設定被りや、「そもそもスペイシーってどうなの?」という根本的な疑問が出てきてしまったことも活動休止の大きな原因でした。

しかし、ルックスと設定こそ奇抜ですが、メロディーが良く聴きやすい楽曲と、DAIGOの歌唱力はホンモノです。2009年にはベスト盤『DAIGO☆STARDUST BEST』がリリースされていますので、この1枚をおさえてみるのも良いかもしれません。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング