みずほ銀行を“他行振込手数料無料”にして「最強の口座」にする簡単な方法

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんなヒントをファイナンシャルプランナーの筆者が教えます。今回は「みずほ銀行を他行振込手数料無料にして“最強の銀行口座”にする簡単な方法」について。もしあなたの会社が自由に給与振込口座を指定できる場合は、みずほ銀行に変更を検討してもいいかもしれません。

みずほ銀行 公式サイトより

みずほ銀行が今最強かもしれない、おいしい理由

給与振込口座をメガバンクにしている人は多いと思います。みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行がいわゆるメガバンクです。

もしあなたの会社が自由に給与振込口座を指定できる場合は、みずほ銀行に変更を検討してもいいかもしれません。というのも、今みずほ銀行をメインバンクにすると、ATM利用手数料、コンビニATM利用手数料、他行振込手数料のすべてを無料にすることが可能であり、今もっともお得な銀行になっているからです。

メガバンクは、何らかのサービスプログラムを用意しており、利用状況によって優遇サービスの差があります。
みずほ銀行はみずほマイレージクラブというプログラムがあり、三井住友銀行は三井住友銀行ポイントパックの口座開設、三菱東京UFJ銀行はメインバンクプラスの口座開設により利用条件によりサービスを受けられます。

このうち、ATMの時間外手数料、同一行内の振込手数料は比較的簡単に無料にできます。コンビニATMの利用料金無料も月3~4回の範囲で使えることがほとんどです。みずほ銀行なら月末に10万円の残高があれば、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行なら給与振込口座というだけでOKです。

ところが、他行振込手数料というとなかなか優遇にならないのが一般的です。三井住友銀行はポイントをコツコツ貯めて振込手数料に充当できますが、毎月何度も利用できるほどポイントはつきません。三菱東京UFJ銀行が月3回まで振込手数料になるのは資産残高500万円(もしくは住宅ローン残高あり)なので、ちょっとハードルが上がってしまいます。

みずほ銀行も資産残高500万円以上で毎月4回まで他行宛振込手数料がゼロになるのですが、実はこちらにはもっと少額でクリアできる道があります。

それは、一度限り1万円でもいいので、ある商品を購入することです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント