かわいくても“恋愛対象外”に!? 「オバさん認定」されてしまうNG発言5つ

2015.8.21 10:00

女性は年齢を重ねるにつれて「先輩」や「お姉さん」としての振る舞いが求められるようになりますよね。そこには魅力もあるのですが、立ち位置や言葉を間違えると「オバさん認定」されてしまうかもしれません。今日は周りからオバさんと思われかねない5つの発言をご紹介します。

年齢が上がってくると、女子としての振る舞いよりも「先輩」や「お姉さん」としての振る舞いが増えることってありますよね。そこには魅力もあるのですが、立ち位置や言葉を間違えるとオバさん認定されてしまうかもしれません。今日はそんなオバさんと周りから思われかねない5つの発言をご紹介します。

ちゃんと栄養のあるもの食べてる?

最初はオカン臭満点の言葉から。ズバリ合コンで出会った際、忙しくやや不摂生な男性に向かって「ちゃんと栄養のあるもん、食べてる?」と発言した日には、「かあちゃーん」と思われます(笑)。

類語として「ちゃんと寝てるの?休んでるの?」という言葉もニュアンスを間違えるとオバさんとして聞こえるそうで、注意が必要そうです。

若い~!可愛い~

続いては年下への発言。例えば10代を見て若い~と言うのは違和感がないのですが、少し年下の後輩を前にして「若いね~」なんて言った日には、自分から年齢というカベをズドーンと設けているようなもの。

年齢に対するリアクションは、発言者のセンス次第なのですから、わざわざ自分が不利になるような言葉ではなく、もっと爽やかに相手を賞賛しましょう。

私だって昔はね…

「若い~」発言とセットで使用されがちなのが「ワタシだって昔は…」という過去の栄光をチラつかせるパターン。「若いね~+自分の昔話」のコンボ技は、相手に何とも言えないリアクションの取りづらさを感じさせます。場を静かにさせたいなら使うべきですが、女子として扱ってほしいなら絶対に使用してはいけません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント