「美脚」は正しい姿勢と歩行から! 誰でもできる簡単“美脚術”まとめ

2015.8.22 10:30

美脚の基本は、ダイエットと筋肉づくりではなく、正しい姿勢と正しい歩行です。そこで今回は、正しい姿勢や美しい歩行を身体に覚えさせる方法と、お部屋でもできる”美脚のながら運動”をご紹介しましょう。

美脚は女性の憧れです。でも、ただダイエットをするだけでは美脚にはなれません。単に細いだけの足よりも、少し太くても筋肉の引き締まった健康的な脚の方が健康的で美しく見えるからです。美の基本は健康なのです。

こんな美脚にあこがれる女性たちの間では、引き締まった脚を作るために、今ランニングが人気なのだとか。でも、忙しかったり疲れたりしてランニングの暇のない人もいるでしょう。それに今年の毎日の猛暑は、夜でも気温が下がらないので、ランニングは体調を壊してしまうリスクもあります。

そこで、正しい姿勢や美しい歩行を身体に覚えさせる方法と、お部屋でもできる美脚に最も効果的な簡単ながら運動をご紹介しましょう。

正しい姿勢は美脚になる

正しい歩行姿勢ができるだけで、ヒップラインが引き締まることをご存知ですか?短期間の急激な効果は期待できませんが、気づいたら「えっ!?」とうれしい変化に気づけるはず。

正しい姿勢でいるだけなら、オフィスでも、通勤途中でもいつでもどこでもできますので、まずは将来の美脚をイメージしながら心がけてみましょう。
美しい姿勢になるために気をつけることは次の通りです。

美脚に近づく正しい姿勢とは?

1)大きく息を吸ってお腹に力を入れて顎を引く

まず、頭のてっぺんから糸でつるされた自分をイメージしましょう。壁に背中をくっつけるようにして立ったとき、頭・肩・お尻・ふくらはぎ・踵を意識して壁にくっつけて立つことでも同じ姿勢が保てます。

壁も近くにないときは、大きく息を吸って吐きながら肩を落とします。このとき顎を引くことを忘れずに。

正しい姿勢では、頭の上に本を置いても本が頭から落ちない状態になります。初めてのときは、鏡の前で実際に頭の上に本を置いて試してみるのも良いでしょう。

2)両手を両脇から腰まで手でなぞるように下ろしていく

鏡の前に立てないときは、顎を引いてお腹に力を入れて肩を落とします。そして、息を吸って両手を両脇に置きます。

次に、息を吐きながらゆっくりと脇から腰に向けて、手を下ろします。このとき、両手を身体に触れたまま同じスピードでゆっくりと下ろしましょう。こうすると自然と肩が落ち、それと同時で頭も真っすぐになります。

この状態で腹筋に少し力を入れたままこの状態を維持しましょう。

この美脚に近づく正しい姿勢は、腹筋・背筋両方が鍛えられますので、美しい背中も一緒に手に入れられます。

そして、家事をするときも歩く時も座っている時も、絶えずこの姿勢を意識し続けるのがコツです。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント