【特撮】映画『進撃の巨人』『ゴジラ』…日本の特撮技術の限界と未来【インタビュー】

現在大ヒット公開中の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』で特殊造型プロデューサーとして活躍する西村喜廣が「日本の特撮の現在と未来」を熱く語った!!

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

斎藤工が主演した『虎影』(14)などの映画監督で、特殊メイクアップや特殊造型のスペシャリストとしても知られる鬼才・西村喜廣。

現在大ヒット公開中の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』で特殊造型プロデューサーとして活躍し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015では審査員を務めた注目の才能が、次世代の映像クリエイターたちの作品を観て思うこと、知られざる今日までの道のり、日本の特撮の現在と未来を熱く語った!!

西村喜廣

「今年の“ゆうばり”のオフシアター・コンペティション部門の作品を観てまず思ったのは、ラブストーリーが多いな~ということでした。

もちろんその中には楽しい作品もあったけれど、これってファンタなの?

という疑問も湧いたし、自分の半径何メートルの世界で“俺はモテない”とか“彼女にフラれた”みたいなことを描くものが目立ったから、それがちょっと残念で。

みんな技術もあるし、センスもいいんだけど、どうして日本や地球が爆発するような、そこまでのインパクトを感じられる作品がないのが、正直不満だったんですよね」

観る側の想像を超えた、荒唐無稽な作品がなぜ出てこないのか? その理由を西村監督は「怒られたくないから。じゃないですか?」と分析する。

「“何、バカなことをやっているんだ!”って言われるのが怖いんじゃないかな。

でも、みんなから怒られるのってすごく大事なことだと思うし、中にはその振り切ったものを“面白い”と思ってくれる人もいたりするのが常だから、やればいいんですよ。

なのに、異端児になりたくないのか、ヘンに上手くまとめようしているのが見える。それがすごくイヤでしたね」

西村監督がそこに不満を感じるのは、自分はやりたいと思ったこと、映像で見せたいと思ったことを周りの目など気にせず、全力で形にしてきたという自負があるからだ。

「いちばん最初の映像作品は、中一か中二のときにレイ・ハリーハウゼン(『恐竜100万年』『シンドバッド虎の目大冒険』などで知られるハリウッドの伝説の特撮監督)の影響を受けて、8ミリフィルムで撮った僕と骸骨兵士が戦っているもの。

自分が戦っているところを最初に撮って、その映像に後から骸骨の人形をひとコマずつ合成していった僕の原点です。

大学の1年のときには、当時1学年下の後輩で現在は参議院議員の蓮舫さんの主演でホラー映画を撮って“ぴあフィルムフェスティバル(PFF)”にも応募したんだけど、落選しました。

その後も5回ぐらい出したものの落とされ続けたから、俺は映画監督にはなれないんだな? と思った時期もありましたよ」

だが、そこで諦めないところが西村監督だ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング