桂文枝“高校野球落語”を構想中 「試合に夢中」で内容は未定

2015.8.21 18:31配信
 独演会を前に取材に応じた桂文枝

 落語家の桂文枝が21日、東京都内で行われた「祝!旭日小綬章受章 寄席チャンネル×スカパー! 六代 桂文枝 特別独演会」の収録前取材会に出席した。

 この日、招待された約400人を前に創作落語を披露する文枝は、後日放送される際の視聴者に向けて「たくさんの人に見てほしい。一生懸命やりますので、茶の間でゆったりとした気分で見ていただけたら」とアピールした。

 題目は「宿題」と「友よ」。「宿題」について「自分で言うのもおかしいけど、三枝時代の代表作の一つ」と話した文枝は「子どもの宿題にお父さんが悩まされるという日常的に見られる風景。皆さんに(こんな場面)あるある!と思っていただけるような笑いのある作品」と紹介した。

 一方、文枝襲名後に作った「友よ」に登場する二人はどちらも75歳。「私はまだ75ではないけど、落語は練り上げるのに時間がかかるので、75の時には自分の手の内に入ってできるようにと早目に作った。落語には珍しい二人芝居。歌も入るし面白く見ていただけると思う」と自信たっぷりに語った。

 また先日、甲子園球場で高校野球を観戦したという文枝は、印象的だった選手を問われると「そりゃ清宮(幸太郎)くん、あとは小笠原(慎之介)投手も」と笑顔で回答。さらに「高校野球をテーマにした落語を10月には発表する予定です」と報告した。

 「高校野球も100周年。受け継がれる精神、魂があるのでそれを(落語で)やれたら」と語ったが「試合を見ながら(落語を)考えようと思っていたのに、試合に夢中になってとても考える余裕が無かった」と明かし、笑いを誘った。

 番組は9月21日、BSスカパー!で先行放送。10月21日に寄席チャンネルで完全版を放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング