竹野内豊、息子役に「偉いよね」と優しいまなざしを 『at HOME アットホーム』で偽装家族の父親役

2015.8.22 14:7配信
 (左から)蝶野博監督、黒島結菜、竹野内豊、池田優斗、松雪泰子、坂口健太郎

 映画『at HOME アットホーム』の公開初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、蝶野博監督が登壇した。

 本作は、犯罪で生計を立てる偽装家族が、母親の誘拐という人生の岐路に立たされながらも、家族の幸せを守るために奮闘する姿を描く。

 父親役の竹野内は「皆さんの心にどう届くのかは分かりませんが、いい思い出として心に残る作品になれば」と期待を込めてあいさつした。

 また役柄については「家族の物語でありながらも血縁が無い。実際私は父親の経験もないし、どういうふうに居たらいいのかと思った」と悩んだことを明かしつつ、「リアリティーを持たせられたらと思って演じた。毎日撮影の中でみんなとの距離感が近くなっていく感じがそのまま演技に反映できたのではと思う」と振り返った。

 一方、現場での印象的なエピソードを聞かれた息子役の池田くんは「(9歳の)誕生日を一緒に祝ってもらったこと。竹野内さんからは黒い海外の帽子、松雪さんからは5000円ぐらいのカードをもらいました」と明かした。

 金額を明かされた松雪は、手で顔をおおいながら「どうしても欲しいと言っているゲームがあったので…。(池田くんの)お母さまがいらしたので、一応、確認してゲームを買うためのカードを差し上げました」と経緯を説明した。

 竹野内も「勉強とかもあるし心配だったけど、お母さまが『この子は宿題などやることをやってからゲームをするから大丈夫です』と言っていた』と振り返り、あらためて池田くんに「偉いよね」と優しいまなざしを向けていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング