堺正章の娘・小春が8年ぶりに再デビュー 舞台の仕上がりは「星三つです!」と笑顔

2015.8.22 17:4配信
 堺小春(上)と今泉玲奈

 舞台「転校生」の公開舞台げいこが22日、東京都内で行われ、オーディションで1474人の中から選抜された桜井美南、石山蓮華、伊藤沙莉ほか総勢21人の出演者と演出を手掛ける本広克行氏が登壇した。

 本作は、平田オリザ氏が描く女子高生の群像劇。出演者選抜の基準について尋ねられた本広氏は「演劇のオーディションなので出過ぎる人はカットして、みんなのことを考えて動ける子を選びました」と答え、「ここは出会いの場。今後みんながスターになっていって、僕らのやったことが10年後に評価されたら」と期待を口にした。

 また、本作で約8年ぶりに再デビューを果たすのが、父は堺正章、母は岡田美里という堺小春。堺は「本広さんが演出する小ネタや、映像技術など見どころ満載。お客さんがそれぞれ違った感想を持ってくれたらうれしい」とアピールした。

 今回応募したきっかけについては「偶然募集のチラシを見た時が、応募締め切りの3日前ぐらいで“受けなきゃ!”と思った」と語り、オーディションについては「すべては経験。とにかく自分らしくしようと思って挑んだ」と振り返った。

 また「普段は食事をする時ぐらいしか連絡を取り合わない父なのに、稽古が始まってから連絡がいっぱい来るようになって…。『稽古で苦しみ、本番で楽しんで』と(メールが)来ました」と明かし、「そんなことを言われたのは初めてだけど『分かりました。頑張ります』と返しました」と語り、笑顔を見せた。

 今後の芸能活動については「意志はあります。せっかく良いチャンスを頂いたので」と明言し、舞台の仕上がりについては「星三つです!」と父親の番組になぞらえて元気いっぱいにコメントした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング