好きな男性の気を引くために、駆け引きをする女性は多いかもしれません。

ですが、男性にとってその駆け引きは「面倒くさい」と思われている可能性も。

自分を振り向かせたいことがわかるぶん、女性に仕掛けられるとうんざりしてしまうこともあるのですね。

実はやめたほうがいい恋の駆け引きにはどんなものがあるか、ご紹介します。

1. ほかの男性の存在をにおわせる

「話しているとき、『○○くんから食事に誘われていて』ってわざわざ報告してくる子。俺に気があるのはわかっているんだけど、その情報を俺に言う意味ってなに?

行きたければ行けばいいし、正直『ふーん』としか返せません」(28歳/看護師)

別の男性の存在を出すことで焦らせようとする女性は多いかもしれませんが、男性からすると「意図が丸見え」なことが恋心が萎えるポイントです。

この駆け引きが有効なのは、男性に自分が本命だと悟られていないとき。すでにばれているときは、相手が遠ざかるだけなのでやらないほうが賢明です。

2. LINEやメールの返信を遅らせる

「ド定番なんだろうけど、LINEしているときにいきなり返事がこなくなるやつ。

盛り上がっているときに未読スルーされると萎えるし、次の日に『ごめん、寝ちゃってた』って来て会話が再開してももういいやって感じ。

これ、自分がされたらどう思うの?」(28歳/配送)

LINEやメールの返事を遅らせることが気にかけてもらうやり方は、男性も知っている人が多い駆け引き。

わかっていても、楽しく話しているときに突然終わってしまうのは味気ないし、テンションも下がります。

それよりも、盛り上がっているときは最後までやり取りを続けて気持ちよく終わるほうが、男性には良い印象を持ってもらえると思いましょう。

3. ツンデレで振り回す

「人がいるところではつっけんどんな態度で、ふたりになると急に女らしくなるのって、ツンデレを狙っているんだろうけどひたすら面倒くさい。

普通に接してくれたほうがお互いのことを話せるのに、わざわざキャラを作るのって意味がわかりません。俺の反応が悪いことで気がついてほしい」(26歳/販売)

「ツンデレは疲れる」と思っている男性は多く、「振り回されて楽しいのは恋愛経験が少ない男だけ」という厳しい意見もありました。

ツンデレは、男性にとってはお互いの理解から遠ざかる姿。普通に会話を楽しめる女性のほうが、ストレスなく親しくなれると思うのですね。

作られたキャラはばれるし、相手にされないと心得ましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます