12星座別「恋がうまくいかない原因&対処法」まとめ

2015.8.24 13:00

12星座別に恋愛観をご紹介。太陽星座は最も表に出やすい基本性質をあらわします。そこから「恋がうまくいかない原因」を探れば、悪い恋グセを直し、何度も繰り返す失敗を回避するきっかけが見えてくるはずです。

女性は占いが好きです。好きな人ができれば、ついつい雑誌で今月の恋愛運をチェックしてみたり、テレビなどで相性診断をしていれば、自分と相手に当てはめてみたりするでしょう。あるいは、街コンや合コンで参加男性の星座、血液型を聞いて、「自分と合う、合わない」を判断する人も少なくないはず。

また、信じるか信じないかはさておき……占いによる性格・思考傾向によって、恋の進め方は変わってきます。頭ではわかっていても、同じ失敗を繰り返すとか、頑張ってもなかなか克服できないところなどがあるのです。

今回は、12星座別に恋愛観を見てみようと思います。一般的に多くの人が把握している自身の星座とは、誕生した時に太陽が位置していた星座を示します。人間の性格は奥深く、ひとことで言い表すことはできませんが、太陽星座は最も表に出やすい基本性質をあらわします。そして、そこから「恋がうまくいかない原因」を探れば、悪い恋グセを直し、何度も繰り返す失敗を回避するきっかけが見えてくるはずです。

おひつじ座

自主性や独立心が旺盛なおひつじ座は、恋をする時も自分のペースで進めがちになり、好きな人ができればできるだけ早く恋人同士になりたいと考えます。ダラダラと片想い状態を続けようなんて考えません。

でも、そんな恋の進め方が「強引」「自分勝手」と受け止められることがあります。もう少し相手に合わせる意識を持つと良いでしょう。

おうし座

おうし座は安定した関係を長く続けたい願望が強く、一途でまっすぐな愛情を抱きます。自分が心地良いと感じる恋人関係が築けると、それを絶対に崩したくないと考えるため、「ワンパターン」が多くなり、お相手からすればマンネリを感じやすいでしょう。

変化を恐れずに受け入れれば、「いつの間にか飽きられていた」ということは起きないはずです。

ふたご座

フットワークが軽く、社交性に富むふたご座は、誰に対しても親しみやすさを与えるので「八方美人」と思われやすく、交際相手からは浮気を疑われることも多いでしょう。真剣にお付き合いする人ができたら、同性の友人とは少し距離を置いた方が良いかもしれません。

また、独占欲の強いタイプは、一緒に居て窮屈に感じるので、恋人に選ばないのが賢明です。

かに座

女性的な感覚が優れていて柔軟性に富む代わりに、「大好きな彼の言いなりになりやすい」かに座。尽くすことと自分を犠牲にすることは違うのだと理解しましょう。

また、つらい恋にはまっても、悲劇のヒロインを演じることに酔いしれて、なかなか抜け出せないかも。明るい未来が見えない恋愛は、すぐに手放すべきです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント