手のひらサイズのデスクトップPC、Windows 10搭載で4K出力に対応

2015.8.24 16:30配信
LIVA X2

リンクスインターナショナルは、手のひらサイズの小型デスクトップPC「LIVA」の新モデルとして、Windows 10を搭載し、4K出力に対応した「LIVA X2」を9月6日に発売する。ラインアップは、「LIVAX2-4/64-W10」「LIVAX2-2/64-W10」「LIVAX2-2/32-W10」の3モデルで、価格はいずれもオープン。

手のひらサイズで、液晶ディスプレイのパネル下などに設置可能なコンパクトな本体に、高性能・低発熱でGPU機能を内蔵したCPUや、次世代映像圧縮技術HEVC(H.265)のハードウェア再生支援機能を備えた。

HDMIポートとミニD-sub15ピンによってデュアルディスプレイ出力が可能で、低発熱CPUとファンレスヒートシンク設計の採用によって完全無音動作を実現する。

CPUにインテルCeleron N3050を採用し、インターフェースはHDMI 1.4a出力×1、ミニD-sub15ピン×1、USB3.0×2、USB2.0×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1などを備える。対応無線通信は、IEEE802.11ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 10 Home 64ビット。

「LIVAX2-4/64-W10」は、4GBのメモリ、64GBのeMMCを搭載し、税別の実勢価格は3万3800円前後の見込み。「LIVAX2-2/64-W10」は、2GBのメモリ、64GBのeMMCを搭載し、税別の実勢価格は2万9800円前後の見込み。「LIVAX2-2/32-W10」は、2GBのメモリ、32GBのeMMCを搭載し、税別の実勢価格は2万5800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング