独beyerdynamicのヘッドホン、テスラテクノロジー搭載のフラッグシップ機

2015.8.24 17:46配信
T1 2nd Generation

ティアックは、独beyerdynamicのフラッグシップモデルのヘッドホン「T1 2nd Generation」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は13万円前後の見込み。

2009年に発売された「T1」の後継機種で、「T1」で得られたフィードバックを元に、原音に忠実なテスラテクノロジーはそのままに、高周波帯での共鳴抑制や、内部パーツの共振抑制など細やかな改善によって、さらに質の高いテスラサウンドを実現し、より正確で力強い低音再生とバランスのよい音場表現を可能にした。

高品位な伝導を実現する高純度無酸素銅7NOCC線と、外部ノイズに強いテキスタイルコーティング(繊布被膜)を採用した専用ケーブルを付属しており、ケーブルを着脱構造とすることで、別売のバランス対応ケーブルへの換装によって、よりハイレベルなリスニング環境を構築できる。

イヤーパッドには、ホローファイバー繊維とソフトベロア素材を採用し、すぐれた装着感を実現し、長時間のリスニングでも快適に使える。本体は、熟練した技術を備えたドイツ工場でのハンドメイド生産で、持ち運びに便利なキャリーケースが付属する。

プラグ形状は3.5mmステレオミニプラグで、ケーブル長は3m(両出しストレート)。重さは360g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング