「好きな人がとんでもない女たらしだった」「元カノと二股をかけられていた」など、順調にはいかないこともあるのが恋愛。

恋の修羅場は、経験したくないと思っても突然襲いかかります。

でも、つらかったからこそ男を見る目も磨かれる!?

実際にどんなエピソードがあるのか、ご紹介します。

本当にあった「恋の修羅場」エピソード集

1.「バツイチ」と聞いていた彼の「奥さん」が登場

「仕事の取引先としてうちの会社に来ていた男性といい雰囲気になりました。

結婚指輪もしていないし、思い切って『独身ですか?』と尋ねてみたら『バツイチだよ』と答えてくれて、とんとん拍子でお付き合いすることに。

が、ある日同僚から聞いたのは、彼の“奥さん”が彼の会社の総務にいる事実。

まさかと思って調べてみたら、本当に実在しました。

怒りで彼を殴ってしまい、ついでに彼の会社の人にも『独身女に手を出そうとした』って言ってやりました」(27歳/経理)

こちらの話に出てくる男性は、彼女に「妻とはもう終わっているんだ!」と言い訳したそうですが、それならどうして離婚していないのでしょうか。

既婚を隠して独身の女性と付き合おうとするのは、立派な罪です。

「深みにはまる前で良かった」と彼女は言っていました。

2.年齢のサバ読み……見栄っ張り男の正体

「彼氏がほしくて登録していたマッチングアプリで、32歳のある男性と知り合いました。

公務員って書いているし優しそうだし、と一度会ってみると高級車に乗るエリートで、テンションが上がりましたね。

が、いざお付き合いするときになって、『実は俺、登録している年齢より5歳上なんだ』って告白されて……。

サバを読むのもおかしいし37歳で独身って何かあるのかも、と思って注意深く話を聞いてみると、車は親の持ち物で実家暮らし、アプリも『若い女性にしか欲情しない』から相手を探す道具にしているらしく、本当にドン引きでした」(25歳/販売)

若く見られたいから年齢のサバを読む。女性なら耳にする話かもしれませんが、男性にもこんな見栄を張りたがる人がいるのですね。

「若い女しか欲情しないとか、キモすぎる」とこちらの彼女は言っていましたが、女性の好きそうなスペックを作り上げて接近する割にすぐに嘘を露呈させるなど、詰めが甘いし自分勝手だなと思います。

どうかほかの女性も引っかかりませんように……。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます