広瀬すず“ミスセブンティーン”にエール 「これから一緒に盛り上げていきましょう」

2015.8.25 20:8配信
(左から)マーシュ彩さん、坂井仁香さん、松岡花佳さん

 雑誌『Seventeen』の読者招待型イベント「Seventeen夏の学園祭2015」が25日、神奈川県横浜市で行われ、モデルで女優の西内まりや、三吉彩花、広瀬すず、中条あやみほかが登場した。

 イベントには、今後同誌の専属モデルとして活躍する「ミスセブンティーン2015」として応募者6704人の中から選ばれた3人も登場した。

 神奈川県出身の14歳、坂井仁香さんは「まだまだできないことばかり。先輩方を見習って自分らしく頑張りたい」と初々しくコメント。目標とする人物を尋ねられると「北川景子さん。演技もうまくてスタイルもすごくいいので」と声を弾ませた。

 アメリカ人の父と日本人の母を持つ14歳のマーシュ彩さんも「先輩のようなかっこ良くてかわいいモデルを目指したい」と意気込みを語り、憧れの存在としては「西内まりやさんとローラさん」を挙げた。

 兵庫県出身の14歳、松岡花佳さんは身長170センチ。「不安もありますが、これから頑張ります」と今後の飛躍を誓った。

 10年の“ミスセブンティーン”の三吉は「3人共ウオーキングが堂々としていた。何よりかわいい。これからは自信を持って個性をどんどん出していってほしい。『Seventeen』の先輩はみんな優しいので安心して付いてきて」とエールを送った。

 12年“ミスセブンティーン”の広瀬も「私はまだまだ(年齢的に)下にいると思っていたら、後輩がどんどん増えていて変な感じ」と戸惑いを見せつつ、「『Seventeen』の現場はアットホームなので、これから一緒に盛り上げていきましょう!」と元気に呼び掛けた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング