ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー ©Disney

東京ディズニーシーでは、東京ディズニーリゾート35周年をお祝いするショー、「ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シー」が公演されています。

2018年4月15日から約1年間にわたって公演されてきたショーも、いよいよ2019年3月25日で終了だなんて、本当に寂しいですね。

きっと、色々な意味で、心に残るショーになるはず。

フィナーレを前に、1年間のショーの思い出を、一緒に振り返ってみませんか!?

ショー中に語られたディズニーキャラクターの夢から、未来のパークへの希望を読み解いてみましょう!

「ハピエスト・セレブレーション・オン・ザ・シー」見どころおさらい

冒頭で、東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!” のテーマソング「Brand New Day」が流れ、35周年の装飾が施された船が登場します。

船の上段には、ミッキー、ミニー、MCのお兄さんとお姉さん、下段にはドナルド、デイジー、グーフィー、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルーが乗っています。

ミッキーたちと一緒にダッフィー&フレンズも、毎回、色々な可愛いしぐさを見せてくれ、ゲストを楽しませてくれています。

例えば、シェリーメイの夢に合わせて綿あめを食べたり、サンタさんにお手紙書いて、プレゼント貰ったよ! と教えてくれたり、シェリーメイとステラ・ルーがバレンタインのチョコをボーイズに渡したり……。

何回見ても、飽きることなんて全くありません。

もっともっと見ていたかったので、「公演時間が約10分って短すぎる~」と思いましたが、暑い真夏も、ダッフィーたち、欠席なしで頑張ってくれたので、仕方ないですね。

ハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーのダッフィー&フレンズ ©Disney

ショーの一番の見どころは、何といっても、「ディズニーのキャラクターが夢を語る」場面。

毎月1日に、夢の世界を語るキャラクターがチェンジするという素敵なサプライズがありました。

「今月は誰だろう? 」と予想したり、ドキドキしながら、ハーバーに通った方も多いのでは?

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます