「アイドリングストップ機能」搭載マウス、エレコムと立命館大学が協同開発

2015.8.26 13:9配信
M-WK01DBシリーズ

エレコムは、立命館大学と協同開発した「アイドリングストップ機能」を備えたBlueLEDマウス「WINKS M-WK01DBシリーズ」を9月中旬に発売する。税込価格は5735円。

立命館大学・理工学部の道関隆国教授プロデュースによる、産学協同開発のワイヤレスマウス。LEDの発電特性に着目し、発電電力の有無を検出可能な「ノーマリオフ検出回路」を利用することで、電源操作を不要にする「アイドリングストップ機能」を搭載した。マウスを手で握ると自動で電源をオンに、手を離すと電源をオフにする。

センサには、小さな凹凸やホコリでも正確に光が反射する高精度のBlueLEDセンサを備える。本体は、左右対称で持ち方を選ばないシンメトリーデザインで、サイズは手になじみやすい標準的なMサイズを採用し、ウェブページを効率的に閲覧できる「進む」「戻る」ボタンを搭載する。

対応OSは、Windows RT/8.1/8.1/7/Vista、Mac OS X 10.10。電源は単4形アルカリ/マンガン乾電池、または単4形ニッケル水素電池×2本で、アルカリ乾電池使用時の動作時間は、連続待機が約1250日、連続動作が約346時間。サイズは幅71.9×高さ37.7×奥行き108.4mmで、重さは約66g。カラーは、ブラック、レッド、ホワイトの3色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング