“別れの原因”は日常の過ごし方にあり! 気をつけたい3つの悪習慣

2015.8.30 6:30

付き合いたては気にならなかった恋人の性格も、だんだんと見えてくる相手の素顔に幻滅してしまったり、挙句の果てには嫌いになってしまうことも珍しくないものです。今回は、そんな別れの原因につながってしまう、気をつけたい“悪習慣”をご紹介します。

交際期間が長くなると、つい恋人の悪いところに目が行きがちです。いまは彼氏がいないあなたも、友人との付き合いが長くなってくると、少なからず同じことを感じたことがあるのでは?

惚れていた時は気にならなかった彼の性格も、だんだんと見えてくる相手の素顔に幻滅してしまったり、挙句の果てには嫌いになってしまうことも珍しくないものです。

今回はそんな別れの原因につながってしまう、恋人の気になるところについて考えてみました。

家でダラダラしていることが多い

あなたはどんな風に休日を過ごしていますか? 仕事に追われていると疲れが溜まって、休日はつい家でダラダラと過ごしてしまう……という女性も少なくないはず。

恋人ができるとできるだけ「彼氏に会いたい」と思うようになりますが、付き合いが長くなってくるとお互いに遠慮が無くなってくるので、「仕事で疲れているし……」と家デートになりがちです。

たまになら楽しい家デートも、それが毎回になると関係がマンネリになってしまい、彼氏はあなたのそんなだらしない姿に幻滅してしまうかも……?

ただでさえ交際期間が長くなると、お互いの素顔がだんだんと分かってきます。

ある調査でも頻繁に出掛けている夫婦ほど、関係が良好という結果が出ているそう。彼氏がいない今だからこそひとりの時間や、休日の過ごし方を見直してみては?

些細な感謝ができない

歳を重ねるごとに、意固地になってしまっている女性はいませんか? 恋人と付き合っていると、関係が深まるごとに相手への信頼感が増していきます。

でも、その関係に安心し切ってしまい、彼への感謝の気持ちが薄れてしまうと、ふたりの関係も冷めてしまいがち。

なので、日頃から人に何かしてもらったら、「ありがとう」と言えることを習慣にしてみて。

恋人と付き合っていれば喧嘩をしたり、気まずい雰囲気になることも少なくないものです。そんな時、たったひと言「ありがとう」という言葉が言えるか言えないかで、相手との関係を繋ぎ止めることができるはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント