女性からのアプローチがあると、嬉しいと思う反面ちょっと引いてしまう、というときも男性にはあります。

逆に、何がしたいのか伝わらなくて微妙……と思うアプローチもあって、女性にはなかなか判断が難しいですよね。

「こんなアプローチは実際どうなの?」というところを、男性に訊いてみました。

1.毎日LINEやメール

・「嫌いな子でなかったら、LINEをもらうのはいつでも歓迎ですね。先に話題を振ってくれるほうが話しやすいし、こちらから連絡するのって用事がなかったら難しいので」(25歳/販売)

・「顔が見えないLINEとかメールは、どんな気持ちで送っているのかわからないから苦手。それなら電話のほうが話しやすいかな」(30歳/営業)

気軽に連絡がとれるLINEやメールは、男性でも積極的に使う人が多いツール。

「こちらからは送りづらい」と思う男性は多く、女性からのほうが嬉しい、という声は多く聞かれました。

一方で、「返信を考えるのが面倒」「電話のほうが早い」など、ほかの手段のほうが歓迎という男性もいるので、相手に合わせたコミュニケーションを考えたいですね。

2.食事などのお出かけに誘われる

・「ふたりきりで出かけるのは緊張するし間が持たないので、仲のいい子でないと無理。いきなり誘われてもほかのみんなと飲み会から……とか考えてしまう」(24歳/調理師)

・「食事とか、好きな男でないと誘わないと思うから言われたら嬉しいけど、俺も好きじゃなかったら申し訳ないけど行かない。変な期待をさせそうで」(28歳/公務員)

男性にとってポイントなのは、「ふたりきりで出かける」というシチュエーションを楽しめるかどうか。

食事は誘いやすい口実ではありますが、「好意がある女性でないと難しい」の意見がよく聞かれました。

誘われるのは嫌じゃないけれど、応えるかどうかはまた別の問題なのですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます